カテゴリー
働き方改革

【Web会議】仕事にビデオ会議は無駄な理由【テレワーク】

こんにちは。吉田です。

コロナウイルス騒動によって日本中でテレワークが強制推進され、それと同時にWeb会議をする人も多くなったと思います。
そんな中、頭を悩ませるのが仕事でのビデオ会議です。

テレワークを鬼のように推進している私ですが、ビデオ会議は不要だと考えています。
特別な場合を除き、ビデオ会議は辞めるべきです。

そこで今回は、仕事でのビデオ会議はやるべきではない理由についてご説明いたします。

目次

  • 情報量がない
  • 準備にひと手間加わる
  • ネットワーク帯域が狭まる
  • ビデオ会議したいやつは寂しいから

情報量がない

これから後述するビデオ会議をすべきではない理由のすべての根底はこれです。
ビデオ会議はビデオ無しのWeb会議と情報量は変わりません。

そもそも仕事で行うWeb会議は、何か資料を見ながらやるのが基本です。
資料を見ながらやらないと、言葉だけの説明になって誤解や空中戦が発生します。

よって、相手の顔なんぞ見ている暇はないのです。
テレビのワイプと同じで、ある必要がありません。

ビデオ会議は、初対面の客やキックオフのときだけに限ったほうが良いでしょう。
また、ビデオ会議にしたがる人の言い分として、相手の表情を見て会議を進めたいとかいう人もいます。

しかし、声の調子で相手の気分というのはだいたいわかります。
声ですら相手の気分がわからない鈍感な人は、たとえビデオ会議にしたとしても、表示される画質の悪い小さな画面の顔を見たってわかりません。

準備にひと手間加わる

ビデオ会議をやるべきではない理由の一つとして、準備にひと手間加わるというものがあります。
通常のWeb会議であれば、イヤフォンやヘッドセットなどを用意すれば終わりですが、ビデオ会議ではWebカメラの用意や設定のひと手間が加わります。

また、女性の場合は化粧をしたいという人もいるかもしれません。
Web会議ツールの中で美肌モードというものがありますが、不自然だったり、顔認識がずれたらすっぴんが表示されてしまうので注意が必要です。

Web会議はテレワークにて迅速にコミュニケーションを行うために必要なツールです。
そのツールの準備が手間では、せっかくのメリットがなくなってしまいます。

ネットワーク帯域が狭まる

ビデオ会議をするとネットワーク通信量が増えます。
ネットワーク通信量が増えて起こる現象としては、画質音質の低下、音声の途切れ、遅延などが発生します。

情報量がないビデオ会議で通信量を切迫しては意味がありません。
ご家庭によっては、ネットワーク帯域に余裕のない方もいるでしょう。

特にマンションなどは、全戸でネットワークを共有しているところもあり、もともとネットワーク帯域に余裕がないところもあります。
各家庭のネットワーク帯域状況がわからない以上、出来るだけ通信量を抑えるのが得策です。

ビデオ会議したいやつは寂しいから

結局ビデオ会議したい連中とは何なのでしょうか。
ちょっと考えれば、ビデオ会議は基本的にデメリットしかないことがわかります。

ビデオ会議がしたい人間の本当の気持ちはわかりませんが、おそらくはさみしいからでしょう。
以前、管理職の3割はさみしいというマヌケの極致のような調査結果があるということをご紹介しました。

家にいて誰とも会えない、もしくは家族に相手にされないため、イキれる相手である部下の顔でも見てさみしさを紛らわそうというしょうもない魂胆です。
自分の都合だけを考え、周りの都合も気にせず、ビデオ会議をやろうとするしょうもない連中なのです。

ビデオ会議とか無駄じゃね?と気づいている先見の明がある方は、憐みの目で見てあげましょう。
やはり、日本の生産性を下げているのは無能な管理職のせいだったんですねぇ。

スポンサードリンク