カテゴリー
モノ申す

【働き方改革】新卒初任給1000万出す前にやるべきこと

こんにちは。吉田です。

NECが高度な技能を持つ若手研究者獲得のために、新しい報酬制度として、初任給を最大1000万まで吊り上げると発表しました。
以下はソースです。

新卒でも年収1000万円、NEC新野社長が明かした真の狙い

NECに限らず、多くの企業で優秀な技術者の好待遇化が進んでいる昨今ですが、その前にやるべきことがあるのではないかと思っております。
もちろん、優秀な技術者への好待遇化自体には、私は全面賛成です。

そこで今回は、優秀な新卒に1000万払う前にやるべきことについて、ご説明いたします。

目次

  • 老害の整理解雇
  • 人材育成への投資
  • 必要なのは働き方改革

老害の整理解雇

早急にやらなければならないのは、老害の整理です。
会社に限らず、組織というものは優秀な人材が一人で回すわけではなく、社員同士が相互に関わって運営していく存在です。

「腐ったミカン」という言葉がある通り、自身が無能なだけでなく、周りの足を引っ張ってしまうタイプの存在というのは、どこの組織にもいます。
そして、愛媛の高級ミカンのような、年収1000万を獲得する優秀な人材も、この「腐ったミカン」に影響されて腐る可能性は大いにあります。

上司世代の多くを占める50代以上の世代は、全員同じ給料からスタートしていた世代です。
そして、どれだけ実力差があっても、年功序列で給料にはあまり差が出ませんでした。

その文化を生きた人間にとって、いきなり1000万もらう新卒というのは完全に異分子のような存在です。
一体どれだけ素晴らしい人材が来たんだと、ゴシップ好きの老害どもはすぐに話題にします。

はじめは、「さすがは1000万君!仕事が出来るね!」等の褒め言葉に見せかけたイジリから入り、徐々に「1000万もらっているのにこれも出来ないの?」という陰口が蔓延します。
これにより、せっかく入社してきた優秀な人材のモチベーションが大きくそがれ、本来持っていたパフォーマンスを活かせないまま働くことになります。

そして、初めから1000万を獲得できるような優秀な人材ですから、村社会文化に呆れて、すぐに転職してしまいます。
新卒のため愛社精神も特になく、やめるのは非常に気楽です。

日本の採用システムの悪いところは、「採ったら終わり」というところです。
釣った魚には餌をやらないといわんばかりに、在籍している社員には全く注力しません。

その点も次に話す「人材育成への投資」につながります。
正直、人材育成へガンガン投資すれば、新卒に1000万あげなくてもいいのです。

人材育成への投資

日本企業が一番力を入れるべき分野です。
そもそも、優秀な人材を1000万で釣るということは、逆を返せば、社内でそれくらいの人材を内製する環境がないことを意味します。

日本という国自体、石油の代わりになるようなエネルギー源を内製出来れば、高い金出して諸外国から輸入する必要はないはずです。
内製するのが難しい、無理だから輸入をするわけです。

新卒1000万もそれと同じロジックで、社内で1000万級の人材を内製出来れば、採用する必要はないのです。
「人材育成への投資を行う前に採用に力を入れる」ということは、内製を諦めて輸入に走っているのと同義です。

そして、そんな環境に1000万円級の人間を放り込んだところで、中途半端に教育を施された普通の社員に足を引っ張られてしまい、宝の持ち腐れにしかなりません。
上記でも申し上げましたが、組織というのは、社員同士が相互に関わって運営していくものです。

優秀な人材がいれば、それに感化されて優秀な人材が勝手に増えていく、と考えているのかもしれませんが、優秀な人材が優秀な教育者になれるかというと、そうではありません。
それならば、優秀な人材が育つような「仕組み」を作り出し、それに取り組めば優秀な人材に育つ、という環境にしたほうが、長期的に見たらコスパは良いはずです。

必要なのは働き方改革

結局、何をやらなければならないかというと、やはり働き方改革です。
もちろん、政府主導の残業時間規制だとか、有給休暇の義務化とかそういうことではありません。

社員たち自身に本来内在しているモチベーションを、いかに維持し、向上させるかにフォーカスを当てることです。
社員たちが勉強したい分野の教材・研修があればポンと金を出し、資格を取得したら多額の奨励金を出す、というようなことです。

そもそも、頑張って勉強して技術や知識を身に着け、資格を取得した人には奨励金を出さないくせに、残業する人にだけ残業代をバカスカ払っていたら、みんな勉強せずに残業するに決まっています。
それなのに、「うちの会社の技術力を上げるために優秀な人材を高額で獲得しよう!」というのは、あまりにも短絡的すぎます。

みんな基本的にお金のために働いています。
自分の会社の技術力が足りないなら、なぜ足りないのか、原因を考えましょう。

また、私が日ごろから推しているテレワークは、全般的なモチベーションの維持と底上げが出来ます。
毎日理不尽に消耗する満員電車の回避や、鬱陶しい人間関係から物理的に距離を置くことによって、モチベーションの維持を助けます。

働き方改革で一番初めにフォーカスすべきはモチベーションです。
モチベーションがなければ、働き方を改革するような気力やアイデアは沸いてくるわけがありません。

改革は上層部からではなく、現場から起きます。

新卒1000万を発表して働き方を改革した気になっている偉い人たちは、今一度自分の足元に目を当ててください。
灯台下暗しになっていませんか?

スポンサードリンク