カテゴリー
モノ申す

【コロナウイルス】マスク着用義務化に過剰反応する連中はなぜアホなのか

こんにちは。吉田です。

タクシー乗車時に客がマスクを着けてないと乗車拒否できるよう、複数社が国に申請しているとのことです。
以下はソースです。

タクシー 乗客がマスク拒否で乗車断れるよう 複数社が国に申請

これに対し、いわゆるノイジーマイノリティの方たちが反対の声をあげているようです。
私としては、本当にアホな人たちだなぁ、という感想です。

そこで今回は、マスク着用義務化に拒否している人たちが、なぜアホなのかについてご説明いたします。

目次

  • 着用義務化に反対の声
  • 着用義務化は商売として当然の取り組み
  • 世の中はアップデートされている
  • マスクを着けないバカとつき合うな

着用義務化に反対の声

マスク着用義務化について文句を言っている人たちはTwitterなどに一定数います。

数ある意見の中では、タクシー内は窓を開けて換気したりしてるし、運転席と後部座席でアクリル板を挟んでいるから十分感染予防はしているとのことです。
それに加えて、マスク着用を要請している運転手どもは情報リテラシー力が足りないから科学的な知見がどうたらこうたらと論点ズレズレのことを延々と語っておられました。

とにもかくにも、マスク程度の細かいことばっかでグダグダ言っている暇人どもは何なのでしょうか。
私のようにコロナを予測し、前もってテレワークを提唱するくらいの真理を突きに行けといいたいですね。

着用義務化は商売として当然の取り組み

もちろん、マスク着用を異常に強制する連中も、アホだと私は思っています。

普通に散歩しているときに、通りすがりのじいさんからマスク着けろなどと掴みかかってこられたら、さすがにそれは行き過ぎです。
※私に絡んでくる命知らずはいないと思いますが。

しかしながら、タクシー業界としては感染対策に力を入れていると利用客にアピールする必要がありますし、従業員の衛生管理も必要ですから、こういったマスク着用義務化に乗り出たのだと容易に考えられます。
無添加無農薬をアピールしている食品は、そういったことを気にする人に需要があるから、客にアピールしているわけです。

つまり、商売として需要に応えているとアピールするのは当たり前の行動です。

科学的な根拠がどうたらとかどうでもいいんですよ。
賢い人たちは添加物もりもりの食品を食っても、人体に大した影響がないことくらいわかりきっています。

では、オーガニック食品は意味がないから市場から締め出すか、というとそうはなりません。
買いたい人は買えばいいし、買いたくない人は買わなければいい、ただそれだけです。

そもそも、マスクを着用するかしないか程度の議論で、いつまでこんなくだらない論争を繰り広げているのか、もはやその暇具合に関心の念すら抱いております。
感染対策にあまり効果がないことが科学的にわかってるから着けませんじゃなく、着けろといわれたら着ければいいだけです。

世の中はアップデートされている

世の中はコロナによってアップデートされました。

アフターコロナだとか言う造語は私も好きではありませんが、これからの時代、マスクは必携品となります。
数年後には誰もマスクをつけていないかもしれませんが、確率としては低いでしょう。

マスク絶対つけたくないマンは頭が固すぎてわからないかもしれませんが、エチケットアイテムであるハンカチとティッシュ、それにマスクが加わったというだけの話です。

別になんら悪いことではありません。
むしろ、公衆衛生がさらに上質なものになるので、いい傾向でしょう。

マスクも紙だと費用がかさみますが、今は洗って繰り返し使える上等な布マスクが市場にあふれています。
人との距離が近い屋内、車内ではマスクをつける、そこまで難しいことではありません。

私のこういった変化への対応の早さも、まさしく以前言ったネトゲで培われたものです。

マスクを着けないバカとつき合うな

最後はマスク反対に最速で名乗りをあげた堀江貴文氏の名著のタイトルで締めたいと思います。

今回のコロナで、世の中はいい方向に向かったものもあります。

最たるものの一つがテレワークで、テレワークによって通勤時間が無くなり、人との接触時間も減り、インフルエンザ感染者が1000分の1になったりしました。

インフル、昨年の1000分の1 コロナ対策奏功か―厚労省「手洗い徹底続けて」

これは感染者との接触機会が減ったことはもちろんのこと、通勤時間の削減によって、国民の睡眠時間が増加したためと考えられます。
寝不足になれば免疫力が落ち、感染症だけではなく、様々な病気にもかかりやすくなることは、サルでもわかる今更科学的検証も必要ないくらいの普遍的事実です。

ちなみに、テレワークによって国民が健康になって医療費が減るということについて、私はコロナ前から言及しておりました。

コロナによって変化したことは、全部が全部悪いことではありません。
そして、今回のようなマスク着用率を上げていくような活動も、悪いことではありません。

その世の中の変化に気づかず、昔の様式にこだわって文句を垂れ流すのは、まさしく堀江貴文氏が著書で述べていたバカそのものではないでしょうか。

自分がバカだと思うことにはバカと言い続け、その実、自分がバカ側になったらそのことに気づかない。
全くもって哀れで仕方ありません。

みなさんはこれら”バカ”の言うことは聞かず、正しい道を歩んでください。

スポンサードリンク