カテゴリー
筋トレ

【筋トレ×ゲーム】介護不要の最強老人になる方法

こんにちは。吉田です。

介護問題が大きく取り沙汰される現代日本ですが、老人になるとみんながみんな介護が必要になるというわけではありません。
介護施設に入ってしまうほど重篤な人もいれば、若い時と同じように自宅で悠々と過ごしている人もいます。

これら両者の違いは、事故や病気の場合を除き、それぞれの過ごし方に差があると考えられます。

そこで今回は、介護不要の最強老人になるためにやるべきことについてご説明いたします。

目次

  • 筋トレをやれ
  • ゲームをやれ
  • やってはいけないこと
  • 筋トレとゲームはマナーである
  • 自分を介護できるのは自分だけ
カテゴリー
モノ申す

【小島瑠璃子】なぜ筋トレを毛嫌いする輩が現れるのか。その理由とは?

こんにちは。吉田です。

小島瑠璃子という方が筋トレを馬鹿にしてるだのなんだのということで叩かれていました。
以下はソースです。

筋トレ男子をディスった小島瑠璃子がインスタ投稿してた筋トレ姿

こんな誰だかよくわからない人間の発言は正直どうでもいいのですが、「なぜ筋トレを毛嫌いする輩がいるのか」を改めて考えたことはなかったので、少し考えてみました。
筋トレは全人類が行うべき行為と主張している私としては、「筋トレを毛嫌いする連中の心理」というのはさっさと看破しておくに限ります。

そこで今回は、筋トレを毛嫌いする連中の本当の理由について、ロジカルにご説明いたします。

目次

  • 筋トレを馬鹿にする理由
  • 筋トレが嫌いなわけではない
  • 好きの反対は無関心
  • 筋トレとは努力そのものである
カテゴリー
筋トレ

【コロナウイルス】ジム退会者続出!?やはり自重筋トレが正解か

こんにちは。吉田です。

政府がコロナウイルス感染拡大防止のために、感染しやすい施設としてスポーツジムを挙げていました。
この煽りを受けて、国内のスポーツジムが退会者続出の悲鳴を上げているようです。

以前当ブログでも、ジムはコスパが悪いのでやめておくべき、といっていましたが、こんなところでもスポーツジムのデメリットが挙がってしまいました。
やはり、筋トレは自宅で自重に限りますね。

そこで今回は、やはり自宅自重トレが利口である理由と、ジムに行って筋トレするのがいかに愚かか、をご説明いたします。

目次

  • スポーツジムは感染リスク大
  • 筋トレするなら自宅で自重
  • とはいえスポーツジムはかわいそう
  • コロナ感染の70代がジムを利用
カテゴリー
筋トレ

【筋トレ】ジム通いはなぜ続かないのか

こんにちは。吉田です。

あるツイッターアカウントが挙げた画像が非常に興味深いものでした。
それは、ジム通いを始めた人の筋トレ継続率に関するツイートです。

1年間でジムに継続して通える人は衝撃の3%。
2010年からなんだかんだ10年続けている私は上位何%なんでしょうか。

そこで今回は、なぜジム通いが続かないのかという理由と筋トレを継続させるためのコツをご説明いたします。
ジム通いや筋トレが続かない人は必見です。

目次

  • なぜジムに通うのか
  • なぜジム通いが続かないのか
  • ジム通いなど不要
  • 筋トレは運動不足解消くらいでちょうどいい
カテゴリー
筋トレ

【ライザップ牛サラダ】ダイエット飯にも筋トレ飯にも微妙な理由

こんにちは。吉田です。

ライザップが外食業界では初となるコラボ商品「ライザップ牛サラダ」を発売しました。

ライザップのコラボ商品は、いくつか胡散臭いものが多かった記憶があります。
以前、たんぱく質5000mg(5g)とかいう、しょぼいプロテインボトルを出していました。

プロテイン5000mg配合 噂の「飲むライザップ」を飲んでみた

今回もそうなのかなぁと思ったら、やはりでした。
今回は、「ライザップ牛サラダ」がダイエット飯にも筋トレ飯にも向かない理由をご説明したいと思います。

目次

  • 新作コラボ商品「ライザップ牛サラダ」とは
  • ダイエット・筋トレ食に向かない理由
  • ライザップはもうコラボしなくていい
カテゴリー
筋トレ

【維持筋トレ】筋トレを長続きさせるためのコツ

こんにちは。吉田です。

最近筋トレブームがすごいことになっていますね。
私は2010年頃から筋トレをやっていますが、ここ最近の筋トレに対するイメージの変化に驚いています。

最近流行っている筋トレはマッチョになりたい人だけではなく、健康志向の一環として筋トレを始めている人も多いようです。
実は私の筋トレも、もともと健康志向がベースとなっています。

そこで今回は、健康志向をベースとした私独自の「維持筋トレ」という概念についてご説明いたします。
今流行りの筋トレブームを凌駕する、普遍的で圧倒的な筋トレに対する姿勢です。

目次

  • 「維持筋トレ」とは
  • 長続きさせるためのコツ:その1
  • 長続きさせるためのコツ:その2
  • 筋トレは自分のためだけじゃない
  • 維持筋トレは無理しないことである