カテゴリー
モノ申す

【テレワーク】無能老害があぶり出されて大リストラ時代、セカンド氷河期到来!?【コロナウイルス】

こんにちは。吉田です。

テレワークが強制試行されたおかげで、今までわからなかったリストラ予備軍があぶり出されているようです。
以下はソースです。

テレワークでバレる「新リストラ予備軍」、自宅が追い出し部屋になる

テレワークは席が会社から自宅になるだけで、勤務内容は変わらないはずなのに、無能があぶり出されています。
それもそのはず、テレワークでは”演出”や”ムダ”を強制排除するからです。

そこで今回は、テレワークが暴き出す無能の実態についてご説明いたします。

目次

  • 仕事内容だけを評価されるテレワーク
  • 実際にいた無能たち
  • テレワークは無能をあぶり出すものではない

仕事内容だけを評価されるテレワーク

大手石油元売り会社の若手社員は、気付いてしまった。 テレワーク導入によりテレビ会議が増える中、これまで社内での打ち合わせには参加していたのに、テレビ会議になると呼ばれなくなったメンバーがいることを。 「怖いよな。本当は必要なかったと切り捨てられたんだもの」と、周囲とささやき合った。

記事では、テレワーク中のWeb会議に呼ばれなくなった社員をテーマに語られていました。
今までは必要なかったけど、在席しているから何となく呼ばれていた社員が、呼ばれなくなったのです。

通常の会議では、顔を出すだけで存在感を視覚的に出せていたため、日頃から無能を認知出来ない連中を欺くことが出来ました。
しかし、Web会議は通常音声のみであるため、全く発言しないと存在感が完全に消えうせます。

成果物を出すだけで会議には出ない、というならまだマシですが、それすらもしない。
これらは特に、成果物を出す必要がない管理職層で顕著に起こっていることです。

実際にいた無能たち

これらの老害は、例にもれず私の周りでもいました。
ある無能管理職老害は、テレワーク中の課題として、周りに人がいないため周りの人が何の仕事をしているかわからない、といった寝ぼけたことを書いていました。

課題も頭悪いな、と思いました。
仮に周りの人の仕事を認知しても、その老害にフォローを入れる力などなく、「じゃあ認知したらあなたに何が出来るの?」となります。

認知することは手段であり、目的ではありません。
周りの人の仕事を認知した上で、その先にある達成すべきもののために、その老害は何をすべきか、何が出来るかがわかっていないのです。

ちなみにこの老害は、コロナウイルス以前から優秀な若手に雑用を押し付けているのを知っています。
結局、認知しようがしまいが、こういう連中は何もできないのです。

認知するだけなら、その辺歩いているおばちゃんでも出来ます。
認知した上でどんな手助け、調整が出来るのかを考えるのが、管理職の仕事です。

これが日本の管理職の限界です。
そんな程度の低いことで、今まで仕事していた気になっていたのです。

テレワークは無能をあぶり出すものではない

しかし、心にとどめておきたいのは、テレワークは無能を暴き出す手段ではありません。
今回の事態は副産物に過ぎず、テレワークの本質はもっとほかのところにあります。

そもそも、無能なんぞ、テレワークで暴かなくても日頃から認知していなくてはならないのです。
テレワークしなければ無能がわからないならば、テレワークしていない職場、テレワーク出来ない業種では無能が永遠にわからないということになります。

ちなみに、私は日頃から無能を認知しています。
それら無能が今回、明るみに出たというだけで何も驚きはありません。

今回のテレワーク強制試行によって、無能があぶり出された会社は、早々にリストラの準備をしましょう。
希望退職にすると優秀な若者から去ってしまうので、きちんと肩たたきでお願いします。

スポンサードリンク