カテゴリー
モノ申す

【木村花】テラハ事件に見る「煽りスキル」の重要性【誹謗中傷】

こんにちは。吉田です。

テラスハウスとか言う私は見たこともない番組に出演していた木村花さんという女性が自殺しました。
以下はソースです。

女子プロレスの木村花さん死去 22歳 フジテレビ「テラスハウス」出演

22歳という若さで自殺するということ自体が物悲しいものですが、これにはTwitterやInstagram等の連中の熾烈な誹謗中傷が絡んでおり、なかなかの話題になっています。
こういった話題を見ると、「煽りスキル」の重要性に気づかされます。

そこで今回は、SNSだけでなく生活すべてに生かせる「煽りスキル」についてご説明いたします。

目次

  • 度を超えた誹謗中傷の多いTwitter
  • 無批判の世界も愚かである
  • 批判のラインを超えた誹謗中傷
  • 求められるのは高度な「煽りスキル」
  • 煽りスキルは自衛にも使える
  • 煽りスキルがないならSNSはやめろ
  • SNSに自由人など存在しない

度を超えた誹謗中傷の多いTwitter

私もネトゲをやっていた身ですから、批判されることは頻繁にありました。
しかし、それはゲーム内の煽りであったため、私生活にまで踏み込まれて煽られる、などと言うことはありませんでした。

おかげで、今回話題にしている「煽りスキル」が身につき、今の生活に生きています。
しかし、Twitterの場合、どうしても私生活までも見せてしまうため、その人の人格・人生すべてを煽ろうとする輩がいます。

この事件の前に、Twitterで私に絡んできてパーフェクトに返り討ちにされた以下のユーザーも、「死んだ方がいい」などと言う発言をしていました。
この人に対しては、「あなたはネットに不向きだからやめた方がいいよ」と助言してあげましたが、その通りになってしまいましたね。

ブログのアフィリエイト利益をあげるために無茶苦茶頭悪いことしてるゲェジは素直に死んだ方がいいよ — 南国育ち (@nangoku0711) May 13, 2020

Twitterにはこういった度を超えた頭のおかしい連中がたくさんいます。
上記のユーザーは私に対して言ったので良かったのですが、これが自殺してしまうほど思い悩むようなユーザーだったらムショ入りになるところでした。

無批判の世界も愚かである

では、すべての批判の言葉を封じればよいのかというと、そうでもありません。
そもそも、批判されるのが嫌なら、公の場に出てこなければよいのです。

私はこうやってブログでいろいろな考え方を公開していますが、中には批判してくる人もいます。
しかしながら、私は批判はウェルカムです。

というか、私の意見は真理に一番近いので、批判してもいいけど、それで困るのはお前だけどいいの?というスタンスです。
もうこの時点で私はその辺の有象無象とは違うんですよ。

私のブログ記事が批判の余地がないほどパーフェクトなのはさておき、世の中には「まぁ批判されるだろうな」と思うようなことがたくさんあります。
趣味嗜好に関する批判なら「個人の考え」ということでスルーでいいのですが、ちゃんとした論理だったアドバイスならば、批判は最終的に批判された者のためになるのです。

また、日本政府のお偉方のように、性善説で接すると狡猾なことばかりをする連中を咎めるためにも批判は必要です。
つい最近で言えば、給付金受給申請書に「必要ない」というチェック項目を設けて、給付金を少しでも減らそうという魂胆が丸見えのクソみたいな申請書をお作りになられていました。

これに対し、山形市では「そもそも受給する必要のない人は申請しに来ない」という至極当然のロジックに基づき、必要ないというチェック項目を削除した申請書を作成しました。
やはり雪国の人たちは頭が冴えてますね。

世の中から批判を無くせば、批判されるべき人間が野放図のままやりたい放題になり、とても法治国家とは言えない有様になるのです。
これらのことからわかる通り、批判を無くす世界は批判のある世界よりも愚かなのです。

批判のラインを超えた誹謗中傷

では、批判と誹謗中傷の違いとは何でしょうか。
一応、Web辞書を引いてみました。

批判・・・良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定すること。
誹謗中傷・・・他人をそしる(誹る・謗る)こと、あるいは徹底的な悪口などを言うこと。

批判とは、いわゆるいいところも含めて相手に物申すことです。
誹謗中傷とは、いいところなどさておいて、完膚なきまでに相手を言葉で打ちのめすことになります。

しかしながら、今回のTwitterの事件は、確かに大量の悪口を一人で書いている人がいたものの、本質はその人数の多さだと思っています。
つまり、少数が何百回と批判していたというより、多数が数回批判していた、ということになります。

さらに重要なのは、被害者に対して存在の否定を示唆する言葉が多かったことです。
いわゆる、〇ね、こ〇すぞ、き〇ろなどなど。

私はブログはさることながら、Twitterでも上記のような言葉を使ったことがありません。
たとえどんなにアホでも、別にお亡くなりになる必要はないと思っているからです。

というか、自分に直接的な害をなすわけでもないのに、ただの頭の悪い人に対してそこまで興味がないというのもあります。
時間の無駄なので、アホはアホとして軽くあしらっているだけです。

実はこの心が広すぎるマインドも、今回の煽りスキルの賜物なのです。

求められるのは高度な「煽りスキル」

だいぶ前振りが長くなってしまいましたが、今回のような度を超した誹謗中傷を行う人間は、普段から批判を受けたことがない連中です。
今回の事件は、喧嘩慣れしていない素人が力の加減をミスって相手に大けがをさせてしまう現象と酷似しています。

そういう連中は批判されたことがないので、どこまで相手に言ってもいいのか、”ライン”の判別がつきません。
さらに、一度批判されると過剰に反応して反撃しようとするのも、煽り慣れしていない連中の特徴です。

対して、私のように高度な煽りスキルを持っている人は、批判に対する構え方が違います。
批判を言葉通りに捉えるのではなく、その奥にある真意を見抜くのが、高度な煽りスキルを持つ者の構え方です。

つまり、「〇ね」という言葉そのものではなく、その言葉に隠された発言者の真意を見抜くのです。
例えば、先ほど例に挙げた「死んだ方がいいよ」といった自殺教唆に問われてしまうユーザーの真意は、「悪絡みしに行ったらボコボコに論破されて悔しいからわめいている」です。

もちろん人の心は完全には読めませんが、大方あっています。
そもそも、ネット越しにいる私が死んだところで「死んだ方がいい」といったユーザーには死んだことがわからず、全くメリットがありません。

また、今回の事件の被害者のように、特に絡みもないユーザーから「〇ね」と言われる場合は、「単なる暇つぶし」が大半です。
「本当に死ぬと思わなかった」などと間抜けな言い訳をしているあたり、死という結果が目的ではなく、単純に自分の暇をつぶすことが目的なのです。

煽りスキルは自衛にも使える

これが高度な煽りスキルによって出来る身のこなし方、メンタルの持ち方です。
こういったメンタル術はゲームにももちろん生きてきます。

ギネスに認定されているプロゲーマーのウメハラも言う通り、ゲーム中にメンタルを揺さぶられる奴は、技術があっても弱いのです。
つまり、ゲーム中にやられる煽り行為も「自分のメンタルを揺さぶってミスを誘発するつもりだ」と真意を見抜くことが出来れば、容易に無視できるのです。

煽りスキルというから、口げんかが強くなるだけのスキルだと思ったでしょうか?
むしろ逆で、煽りスキルが高まると、煽られても全くメンタルにダメージが入らなくなるのです。

また、相手の言っていることがズレた煽りである、ということも見抜けるようになります。
つまり、ダメージがどうのこうの以前に、煽りが被弾しないのです。

では、煽りスキルはどのように身に着けたらいいか、となりますが、私の答えは当然のことながらネトゲになります。
煽りスキルのないヘタクソはTwitterなどで煽るのはやめましょう。

煽りスキルがないならSNSはやめろ

そもそも論になってしまいますが、煽りスキルがないならSNSはやるべきではありません。
SNSは人の様々な”声”が集まるプラットフォームです。

その声にはもちろんプラスの声もあればマイナスの声もあります。
自分に都合の良い声だけ抽出して聞きたいというのは、カルト宗教の教祖と同じメンタルです。

「俺を崇めろ。ほめろ。だが批判は言語道断だ」というなら、SNSなんてやってないで自分教でも作ればよいのです。

自分教が作れないなら、SNSはきっぱりやめて慎ましく生きる。
至極簡単な話です。

自分にとって都合の良い声だけで埋め尽くしたいというのは、肥大した自己顕示欲に過ぎません。
そのみすぼらしい自己顕示欲で自滅してしまっては元も子もないのです。

そもそも、批判はSNSに限らず日常生活でも普通に起きます。
仕事をしている人なら、上司に叱責という名の批判を受けることもあるでしょう。

しかしながら、生きていくためにやる仕事とは違って、SNSはやめても誰も困りません。
困るとかいう人は、今回の事件に関係なく、SNS頼みのしょうもない人生を一度振り返ったほうがいいでしょう。

問題が起こっているのはTwitterやInstagramなどのSNSプラットフォームというだけであって、突き詰めれば人対人の問題です。
その問題に対し、どう取り組むかは個人の勝手です。

誹謗中傷に対し法的措置をとるのもいいし、私のように「いちいち雑魚の相手してる暇ないわ」という態度を取るのもよいでしょう。
そして、嫌なことがあっても打つ手がないなら、SNSなんてやめればいいのです。

SNSに自由人など存在しない

一つだけ深い話をします。
SNSには、自由な人生を謳歌しているように見せかけている連中が多いですが、彼らはある意味”SNSに縛られた人生”を送っています。

そんな連中が自由などとは片腹痛い。
本当に自由な人は、今この時にスマホを叩き割られても何も困らない人のことを指します。

SNS自由人代表の堀江貴文氏が良い例です。
彼は各所で自由に人生を楽しんでいるとのたまっていますが、実際は出先で満足に餃子も食えないくらい、不自由しているのです。

SNSのような対人関係で成り立つプラットフォームで踊らされている人間が、自由な人生など謳歌できるはずがありません。
その事実に、さっさと気付いてください。

スポンサードリンク