カテゴリー
未分類

【軽減税率制度】面倒を増やされるコンビニ店員

こんにちは。吉田です。

軽減税率について、以下のような記事がありました。

「持ち帰ります」客のウソを注意できるか

本記事で指摘されている問題点は以下の二つ。

  • 客がレジで持ち帰りといって税率8%で買っておきながら店内で食べちゃう問題
  • 店員の確認作業増加問題。上記のようなウソをつく客の対処問題

正直、何を言うてんねん、という話です。

あたかも利用客と店員が頭悩ませなきゃいけない問題みたいに取り扱っていますが、なぜこんなわかりにくい税金ルールを国民がカバーする必要があるのか。
今回は、軽減税率によって発生する問題を軽く取り上げたいと思います。

目次

  • 軽減税率制で困るのは国民
  • これ以上コンビニ店員の仕事を増やすな

軽減税率制で困るのは国民

コンビニで買い物をすると、「お箸おつけしますか」、「こちら暖めますか」、「年齢確認お願いします」、「ポイントカードはよろしいでしょうか」、「こちら袋に入れますか」等々、やたら確認されます。

確かに、こちらがすべてをいちいち言わなくて済むし、言わないとキレだす客もいるからしょうがないところもあります。
しかし、これに新たに、「お持ち帰りですか、店内ですか」が加わるとなると超億劫です。

また、ただでさえ働きすぎのコンビニ店員の仕事が増えるのは間違いありません
しかも、新たに確認作業が増えたおかげで、ブチギレる客が必ず出てくるでしょう。

どっちが8%でどっちが10%かわからなくなり、店内って言ったのに10%になってんぞ!とクレームをつける客が必ず出ます。
本当にコンビニ店員がかわいそうすぎます。

ところで、会計時に8%か10%か決まるということは、価格の表示が税抜き価格になるんでしょうか?
余計、レジでもたもた会計する人が増えますね。

これ以上コンビニ店員の仕事を増やすな

もし国の偉い人が「運用」という言葉を知っていたなら、現状のレジ業務に追加で確認作業を増やそうとは思わないはずです。

レジ店員と客は余計な確認作業に時間を取られ、どちらかが決めたわけでもないクソルールにイライラさせられるわけです。
あれ、どっちが10%になるんだっけ?とかいう無駄な会話が絶対に生まれます。

客も客で、本当は椅子に座ってゆっくり食べたいのに、2%分割り増しでとられるのが癪だから車で食べよう、となってしまうでしょう。
なぜ、店がサービスで提供しているスペースに、何もしていない国が税金を取るのでしょうか?

記事では、「持ち帰りといった客が店内で飲食をし、他の客が店員にクレームを入れた場合、店員は忙しい業務の中、客に注意出来るか!?」みたいに書いてありましたが、8%払おうが、10%払おうが、他の客に関係ないです。

店内の飲食スペースは店のサービスです。
税金による福祉ではありません。

店が店内で食べていいといえば、食べていいんです。
むしろ、そこの裁量を国が握ろうとするのが意味不明です。

軽減税率制度面倒くさいから全部10%でいいよ、という世論を国は作りたいんでしょうねぇ。
浅ましい魂胆が見え見えです。

消費税でアレコレ遊ぶのもいいですが、脱税しまくりの個人事業主や性風俗店、あと最近だとパパ活で荒稼ぎしているJKからキチンと税金取ってからにしてください。
よろしくお願いしますよ、国の偉い人。

それとも、普段からそういう業種の方にお世話になっているから強く出れないんでしょうか。
しょうもない連中です。

スポンサードリンク