【テレワーク】運動不足解消のためにやるべき唯一の運動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

コロナウイルスによる外出自粛によって、周りでテレワークを始める人が多くなりました。
そんな中、よく聞く話が、テレワークは運動不足になるというものです。

確かに、テレワークが出来る職種というのは、基本的にデスクワークです。
家から出ずにデスクワークばかりやっていたら、運動不足になるのは想像に難くありません。

そこで今回は、テレワーク時にオススメしたい運動を一つご説明いたします。

    目次

  • テレワークは運動不足になりやすい
  • テレワーク時にやるべき運動、それはブリッジ
  • 初心者は完璧なブリッジを目指すな
  • ブリッジをかける回数、長さ

テレワークは運動不足になりやすい

テレワークをやり始めた私の周りで多く聞くのは、テレワークを続けると運動不足になる、というものです。
通勤って意外と運動だったんだ、という話を良くされます。

じゃあ運動不足のために、外に出るか?
外出自粛の昨今、それはあまりにリスキーです。

これを機にヨガを究めたり、自重トレをマスターするか?
機会があるからといって、手を出しすぎると、結局モチベが保てなくなり、運動不足状態に戻ります。

最初に高すぎる志を掲げると、高い志を達成することが目的となり、モチベの維持が難しくなります。
最初はシンプル&イージーで行くのが、続けるための常套手段です。

テレワーク時にやるべき運動、それはブリッジ

デスクワークで運動不足になっている人に、一つだけオススメするとしたら、それは「ブリッジ」です。
そう、サムネイルにあるイラストのような運動です。

ここではブリッジの正しいやり方については省きますが(ネットにたくさん転がっているため)、デスクワークで運動不足に陥っている人は、ブリッジだけでもやりましょう。
それ以外は別にやらなくてもよいです。

運動不足だからといって、あれもこれもやろうとすると、結局面倒くさくなってやらなくなるのが人間というものです。
やることは出来るだけ少なく、シンプルにするのが続けるコツです。

ブリッジをすると、デスクワークで猫背のようになった背筋を強制的に逆方向に曲げるため、体の中心からスッキリします。
人間の活力は腹や骨盤など、体の中心から生まれていることが実感できるでしょう。

初心者は完璧なブリッジを目指すな

今までブリッジをやったことがない人は、初回でいきなり完璧にやろうとしないでください。
絶対にです。

ブリッジは見た目の割に、人によっては大変ハードな運動になります。
勢いよくそらした瞬間に、腰がご臨終なさる可能性があります。

体をスッキリさせるための運動で体を痛めていたら本末転倒です。
腰が床から少し離れている、というレベルで最初は構いません。

それでも十分腰を反らせることが出来ています。
完璧なブリッジをかけることが目的ではないので、それでよいのです。

ブリッジをかける回数、長さ

ブリッジをかける回数か、時間か、は人によって自由でいいと思います。
しかし、あまり長い時間、多くの回数は必要ありません。

ブリッジをかける回数5回もしくは、ブリッジをかける時間合計10秒、とかでも全然かまいません。
やるのとやらないのでは、全く違うからです。

足が滑ってうまくブリッジをかけられないという人は、ヨガマットを敷くと安全にできます。
私が普段使っているヨガマットは以下のものです。

テレワークを快適に行うためにも、思いついたらブリッジをかけましょう。
ブリッジだけでは物足りない時だけ、ほかのトレーニングに手を出しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*