【コロナウイルス】介護施設でパンデミック発生中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

デイサービスなど高齢者が通う介護施設で、新型コロナウイルスの感染拡大が起こり、休業の危機に迫っています。
以下はソースです。

デイサービスなど高齢者が通う介護施設で集団感染相次ぐ

重症化しやすい高齢者が密集する会議施設でコロナウイルスが蔓延したら、ただ事ではありません。
施設内で重症者が激増し、介護施設ではなく重症患者収容施設になってしまいます。

そこで今回は、介護施設にて起こっているパンデミックに対してどうすべきか、をご説明いたします。

    目次

  • 介護施設でコロナウイルス蔓延中!
  • 介護施設はコロナウイルスで休業できない
  • コロナウイルスで少子高齢社会解決は許せない

介護施設でコロナウイルス蔓延中!

記事では、「デイサービスなど、通所型の介護施設では利用者や職員などが新型コロナウイルスに感染するケースが相次いでいて、これまでに少なくとも愛知、兵庫、千葉の3か所で感染者の集団が発生しています。」としています。
利用者はもちろんですが、職員ももれなく感染しているようです。

以前、政府の専門家から、老人は重症化しやすいというお達しが出ました。
確かに、新型コロナウイルスに感染して死亡しているのは、大体60代以上です。

私が以前伺った複数の介護施設は、ボケた利用者の転落防止のために、窓は締め切っているところがほとんどでした。
つまり、介護施設は感染しやすい密閉施設なのです。

介護施設はコロナウイルスで休業できない

しかし、介護施設でパンデミックが発生しているからといって、介護施設を休業するわけにはいきません。
もし、介護施設が休業したら、介護を依頼している親族などに負担が行き、介護休職や離職につながります。

ただでさえ少子高齢化で労働人口が減少している日本では、介護施設からあふれ出した老人たちに構っている暇はありません。
被介護老人無しでも重大な打撃を受けている日本経済に、トドメの一撃が入ります。

よって、介護施設は休業すべきではありません。
もし、休業したら、日本経済が終わり、いずれ介護施設も強制的に廃業となるでしょう。

コロナウイルスで少子高齢社会解決は許せない

いくら日本が少子高齢社会とはいえ、こういった形で老人たちを間引こうとする政府に、非常に腹が立ちます。
馬鹿のフリして未知のウイルスを国内に流入させたのは、このためだったのかと勘ぐってしまうほどです。

でなければ、リスクマネジメントの基本である、「未知のリスクには回避全振り」というキホンを、高学歴様で構成されている政府が間違えるはずありません。
私は怒っています。

よって、コロナウイルスに感染して働けなくなった介護職員の代わりに、厚労省をはじめとする官僚や政府の連中が、介護施設を運営するようにしてください。

ただでさえ忙しい官僚にそんなことさせるな!といわれるかもしれませんが、介護施設が休業したら、ダムの決壊です。
放出された老人達を制御できずに、経済をどうにかするとかいうレベルではなく、日本社会が原始時代まで落ちぶれるでしょう。

介護施設が少子高齢社会である日本の要です。
今の日本が介護施設にどれだけ支えられているか、自覚しましょう。

とはいえ、官僚なんて暇なんで、無報酬で運営させましょう。
こういう暇な連中どもに、「二度とこんなことやりたくない」と猛省させれば、二度と同じ間違いは繰り返さないでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*