【悲報】まとめサイト、また訴えられそう【京アニ放火事件】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

7月18日、京都アニメーションの第1スタジオに41歳の男が侵入し、ガソリンをまいて放火するという痛ましい事件がありました。
この事件を起こした犯人は重症を負い、現在も入院しております。

犯行の動機は様々語られますが、ある記事では「京アニ放火事件の原因の一つに、まとめサイトがある」という主張も出てきました。
以下はソースです。

京アニ放火事件「まとめサイト」の罪を問う〜その正義は正しいのか

そこで今回は、京アニ放火事件がまとめサイトに原因があるという理論の紹介と、そんなことはないという私の主張をご説明いたします。

    目次

  • 京アニ放火事件はまとめサイトが原因!?
  • まとめサイトがなければ京アニ放火は起こらなかったのか?
  • 何でもかんでもまとめサイトのせいにするのはやめよう

京アニ放火事件はまとめサイトが原因!?

京アニ放火事件の犯人の動機としてほぼ確定しているのが、「京アニが犯人の作品の何かしらをパクった」ということです。
犯行直前に「パクりやがって!」という恨み言を発しているので、間違いありません。

さて、犯人がパクられたと思っているものについて、まとめサイトで以下のような話題が上がっていたようです。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』というライトノベル作品を京アニがアニメ化した際に、主人公である自動手記人形であるヴァイオレットの姿が金髪で青い服をイメージカラーとしていることから、人気作品である「Fateのセイバーのパクリだ!」として、まとめサイトなどを中心に盛り上がったことがあったのである。

パクられの対象が明らかになった犯人は、以下のように考えたのではないか、と著者は語っています。

容疑者は、こうしたまとめサイトや、作品発表の場から、「パクリは悪である」という偏った考え方を植え付けられていたのかもしれない。

「それ、あなたの感想ですよね?」
パクリに関して様々な憶測が飛んでいたまとめサイトをやり玉にあげ、この議論が犯人の犯行の動機に「なったかもしれない」でまとめサイトを悪に仕立て上げるのはいかがなものかと思いますよ。

しかも、こうやって犯行の動機について憶測を行っているのは、テレビや新聞でもやっていることなのです。
よって、犯人がまとめサイトに強く影響を受け、まとめサイトの言っている通りに正義執行した、と解釈するのはおかしいですね。

まとめサイトがなければ京アニ放火は起こらなかったのか?

逆に考えて、まとめサイトがなければ京アニ放火は起こらなかったのでしょうか。
それはもちろんNOです。

誰かに対して「パクリは悪である」という価値観を植え付けるのは、まとめサイトだけではありません。
先ほども申し上げましたが、テレビや新聞も同じようなことをやっています。

しかも、テレビや新聞のほうが著名人が顔出しで発言したりするので、余計影響力があります。
室伏がテレビで筋トレ術を語るのと、まとめサイトで匿名の状態の室伏が筋トレ術を語るのとでは、どちらが影響力があるかは議論する必要がありません。

また、著者はまとめサイト利用者にはモラルも責任もないため、言いたい放題言う特殊な環境であるとも言っています。

しかし、被災地に押しかけて被災者の迷惑を考えなかったり、遺族に押しかけて無理やりコメントを引っ張り出すような人間より、ネット上でブツブツ言っているだけの連中のほうがマシです。
モラルの低さに関していえば、マスゴミさんたちに勝てる人はいませんよ。

よって、まとめサイトに罪を問うなら、テレビや新聞も同時に規制する必要があります。
もちろん、この主張を行っている著者のサイトも有害なので、まずは自らが即閉鎖してください。

何でもかんでもまとめサイトのせいにするのはやめよう

以前、当ブログでもまとめサイトが損害賠償請求されるという記事を紹介しました。
メディアとしての影響力はテレビ・新聞に次ぐものになっているといっても過言ではないでしょう。

影響力が増してくると、まとめサイトの一挙手一投足を見て、今回のように隙あらば批判してくる輩が出てきます。
しかし、まとめサイトを叩いてつぶしても、また同じような存在が生まれてくるだけです。

「人が集まって意見を交わし、それを伝播させる」という都合上、本質的にはテレビも新聞もまとめサイトも一緒です。
その本質を無視してまとめサイトをつぶしても、何も意味はないのです。

今回の凶悪事件はだれがたぶらかしたんだ!と犯人捜しをやるくらいならば、各組織にセキュリティの設備検査でも行った方がよほど建設的です。
凶悪犯はいつどこで現れるかわかりませんからね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*