【川崎殺傷事件】加害者を徹底的にぶっ叩くべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

2019年5月28日の朝に、川崎市で殺傷事件が発生しました。

犯人は凶器となる包丁を4本も所有し、半ば計画的に犯行に及んだようです。
児童を含む無抵抗な人たちを殺傷した後、犯人は自殺しました。

これに対し、当然のごとく非難が殺到しているわけですが、加害者のことをおもんばかれ、と言い始める輩が出始めました。
以下はソースです。

「死にたいなら一人で死ぬべき」の危険性 凶行を繰り返させないために

言いたいことは理解出来ますが、賛同すべきものではありません。
今回は、私が上記記事内容に賛同すべきでない理由をご説明したいと思います。

    目次

  • 加害者への非難は次の凶行を産むという説
  • 凶行犯罪を抑止する方法とは
  • 加害者への非難はただの義憤であるという説

加害者への非難は次の凶行を産むという説

記事では、以下のようなことが綴られていました。

それを受けてネット上では早速、犯人らしき人物への非難が殺到しており、なかには「死にたいなら人を巻き込まずに自分だけで死ぬべき」「死ぬなら迷惑かけずに死ね」などの強い表現も多く見受けられる。
まず緊急で記事を配信している理由は、これらの言説をネット上で流布しないでいただきたいからだ。
次の凶行を生まないためでもある。

要するに、凶行に及んだ犯人に対して非難を浴びせると、次の凶行犯が現れるというロジックのようです。
因果関係として、非難すなわち凶行、ということです。

しかし、犯人への非難をやめても、凶行犯が現れなくなることは残念ながらありません。
なぜなら、今回の川崎市の事件は、”突然”起こったからです。

非難をしたら凶行犯が現れる、というロジックならば、今回の凶行犯はなぜ現れたのでしょうか。
それを突き止めない限り、非難しようがしまいが関係ありません。

凶行犯罪を抑止する方法とは

続いて、以下のようなことも綴られています。

秋葉原無差別殺傷事件など過去の事件でも、被告が述べるのは「社会に対する怨恨」「幸せそうな人々への怨恨」である。
要するに、何らか社会に対する恨みを募らせている場合が多く、「社会は辛い自分に何もしてくれない」という一方的な感情を有している場合がある。
類似の事件をこれ以上発生させないためにも、困っていたり、辛いことがあれば、社会は手を差し伸べるし、何かしらできることはあるというメッセージの必要性を痛感している。

なるほど、非常によくわかります。
で、具体的に何をするんでしょうか?

言っていることはよくわかりますが、何をするべきか提示もしていないのに、ふわっとした思想だけ語って非難をやめろ、というのは実に浅はかすぎます。
とりあえず何やるかよくわかんないけど、困っている人を人々が思い思いに何となく何とかしよう、といっている間に次の凶行犯は出てきますよ。

建設的なことを言っているように見せかけて、その実、被害者を含めた多くの人に甚大な不快感を与えている、ということに気づきましょう。

そもそも、一線を超えた凶行犯に対して慈悲をかけたら、今度は被害関係者が凶行に走るかもしれない、という可能性は考えないのでしょうか。
実に思慮が浅い。本当に。

加害者への非難はただの義憤であるという説

Twitter上では、加害者に対して非難している第三者は「義憤」である、という見方もありました。

しかし、先ほども述べたように、建設的なことを言っているようで結局何も解決せず、加害者に対して怒っている人を「義憤」と形容してヒーロー気取りしている輩のほうが「義憤」である、と私は思います。
今回のような一線を越えすぎている犯人に対して、慈悲を掛ける余地など、一ミリもありません。

仮に、今回の凶行に対して、社会が理解を示してしまったら、それこそ同じような「度を越えたかまってちゃん」が量産されます。
「俺/私は困っている。誰かを傷つけて社会に注目されれば、心配してもらえる」というメンヘラ気質のかまってちゃんです。

よって、今回の件に関しては、ひたすらに加害者を糾弾し、まさしく「死ぬなら迷惑かけずに死ね」というくらい突き放すのが正解です。
残念ながら、なんの罪もない人を無差別に殺した人間にかける情けなど、まともな人間にはありません。

もし、なんの罪もない人を無差別に殺した輩に差し伸べる救いの手を思いつくならば、ぜひ教えていただきたい。
思慮が浅はかな連中に、それが創出出来るのかわかりませんがね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*