【ライザップ牛サラダ】ダイエット飯にも筋トレ飯にも微妙な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

ライザップが外食業界では初となるコラボ商品「ライザップ牛サラダ」を発売しました。

ライザップのコラボ商品は、いくつか胡散臭いものが多かった記憶があります。
以前、たんぱく質5000mg(5g)とかいう、しょぼいプロテインボトルを出していました。

プロテイン5000mg配合 噂の「飲むライザップ」を飲んでみた

今回もそうなのかなぁと思ったら、やはりでした。
今回は、「ライザップ牛サラダ」がダイエット飯にも筋トレ飯にも向かない理由をご説明したいと思います。

    目次

  • 新作コラボ商品「ライザップ牛サラダ」とは
  • ダイエット・筋トレ食に向かない理由
  • ライザップはもうコラボしなくていい

新作コラボ商品「ライザップ牛サラダ」とは

2019年5月9日、吉野家が『ライザップ牛サラダ』なるものを提供開始する。
価格は税込540円(※)で、その名の通りあのライザップとコラボしたメニュー。
牛肉・鶏肉・豆・玉子・野菜をバランスよく食べられる「高たんぱく質・低糖質」なサラダらしい。
引用元:吉野家の『ライザップ牛サラダ』が意外なボリューム!? ダイエット初心者にちょうどいいかも!名前にビビるな!!

高たんぱく、低糖質とうたっているので、おそらくはダイエッター向け、筋トレマン向けに企画・開発された商品だと思います。
確かに、たんぱく質は30gほどあり、糖質は12g程度に抑えられているため、宣伝通りの出来です。

糖質とは、炭水化物から食物繊維分を取り除いたものです。※炭水化物 = 糖質 + 食物繊維
ちなみに、ライザップ牛サラダの炭水化物量は16.75gです。

1食300グラム超でカロリーは430キロカロリーくらいらしく、外食のメニューにしては、かなりカロリーが抑えられています。
一見ダイエット飯、筋トレ飯として良さそうに見えます。

ダイエット・筋トレ食に向かない理由

ライザップ牛サラダがダイエットにも筋トレにも向かない理由は、なんといっても、脂質がかなり多いことです。
一杯につき、27gも脂質が入っています。

これは私(身長177センチ、体重60キロ)の脂質摂取目安量(52g)の約半分近くです。
※ダイエットを目指す場合の脂質摂取目安量は42gです。

タンパク質、脂質、炭水化物というのは、理想的な摂取量(バランス)というのが決まっています。
体型のことを気にしない人ならいざ知らず、ライザップに興味を持つようなボディメイクに関心のある人にとって、この理想的な摂取量は絶対ルールです。

しかも、低糖質とはいうものの、ダイエッターも筋トレマンも、炭水化物はそれなりに摂取したほうが良いです。
先ほどの私の例でいうと、減量する場合でも、炭水化物の摂取目安量は164gです。

ダイエットにしても、筋トレにしても、炭水化物を目の敵にして送る生活は、健康的なボディメイクにつながりません。
つまり、ライザップ牛サラダは高タンパクという面以外、微妙なのです。

ライザップはもうコラボしなくていい

今回も、ライザップの利益目的のようなコラボ商品に悲しくなりました。
近年、筋トレ界隈が盛り上がり、多くの国民が健康的に過ごすための自助努力している中、未だに利益目的で初級者を食い物にする業界に憤りを感じます。

タンパク質5gしか入っていないプロテインボトルを販売したり、モンスターエナジーに劣るなんだかよくわからないエナジードリンクを販売したり、コバラサポートとか言って高額な軽食品を販売したり・・・。
と言っても、消費者も馬鹿ではないので、すぐにその欲望を見抜かれ、ライザップは大赤字になりましたがね。

結果にコミットできず。ライザップ赤字70億円という「約束破り」

ライザップはまず、その肥大化した利益第一主義の減量を結果にコミットしたほうがよいのでは?

また、外出先でタンパク質を摂取したいなら、以下の記事で紹介しているプロテインバーを食ったほうがよいです。


ウイダー inバー プロテイン グラノーラ (12本入×1箱) フルーツの入ったザクザク食感グラノーラ 高タンパク10g 低脂肪

もちろん低脂質なものになっていますので、脂質摂取目安量をオーバーするようなことはありません。
お安く購入する方法もご紹介していますので、ぜひご覧下さい。

ダイエッター・筋トレマンを目指す方は、こういったよろしくない商品に騙されないようにお気を付けください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*