【働き方改革】ロジハラは存在しない論理的理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

かなり前ですが、ロジハラという言葉が話題になりました。
性的表現でハラスメントを行うセクハラのように、「正論で相手を責めてハラスメントを行うこと」をロジハラと呼ぶようです。

普段から論理的に生きている方にとっては、意味不明なハラスメントと思われたかもしれません。
それもそのはず、ロジハラなんてものは、論理的に考えれば成立しないことがわかるからです。

そこで今回は、ロジハラが成立しない論理的理由をご説明したいと思います。

    目次

  • ロジックと正論
  • ロジハラとは
  • ロジハラと言われるロジックに論理性はない
  • ロジハラはただのモラハラ

ロジックと正論

そもそもロジックとは何でしょうか。
ロジックとは、「物事を筋道立てて表したもののこと」です。

そして、物事を筋道立てて表現するためには、「原因」と「結果」が必要です。
たとえば、「雨が降って頭が濡れる」という事象があった場合、「雨が降る」という原因があって、「頭が濡れる」という結果が起きるわけです。

それぞれがバラバラだった場合、ロジックは変化します。

たとえば、「雨が降る」という原因だけでは、結果は何通りも考えられます。
「土が柔らかくなる」、「川の水位が増す」、「床が滑りやすくなる」など、導かれる結果が変わります。

「頭が濡れる」という結果も同様で、「なぜ頭が濡れたか」という原因が何通りも考えられます。
「運動しすぎて汗だくになったから」、「バケツの水をかぶったから」、「頭を洗ったから」など、いろいろ考えられます。

また、ロジックには「前提条件」というものもあります。
「雨が降って頭が濡れる」という事象に対し、「傘を持っている」という前提条件を加えれば、結果が変わります。

そして、正論というのは、「原因」、「前提条件」、「結果」がすべて筋道立っているロジックのことを指します。
逆に、どれか一つでも抜けや認識違いがあると、正論ではありません。

ロジハラとは

ここで、ロジハラの例文となったツイートを見てみましょう。

「適論」というものがいったい何を指すのかわかりません。
しかし、場に適していない論ということは、それは正論ではないと思います。

たとえば、物事を進めるために人員が必要なのに、「こうやれば出来るだろ」という方法論は、正論ではないわけです。
なぜなら、「人員が必要である」という前提条件が抜けているからです。

よって、このツイートをした人の言う「正論」というのは、「自分が反論できないロジック」を指しているだけで、正論ではありません。
論理思考力の足りない人が、正論ではないロジックを正論と捉えてしまうために、ロジハラロジハラと騒いでいるだけにすぎません。

正論とハラスメントは両立しない

そもそも、正論とハラスメントは両立しません。
たとえば、セクハラの場合、「女で体力がないから、仕事が出来ない」という「意見」において、「原因」と「結果」のロジックが、筋道立っていないからセクハラなのです。

「気分を害したからセクハラ」なのではなく、「性的表現を含んだ暴論だからセクハラ」なのです。
何でもかんでもハラスメント認定していたら、それこそ「ハラスメント・ハラスメント(ハラハラ)」です。

そして、ある事象をハラスメントとして認定するならば、きちんと筋道立ったロジック(正論)を使って、反論する必要があります。
その正論をもってして、ハラスメント行使者を訴えなければならないのです。

先ほどの例を使ってみると、「体力がないとなぜ仕事が出来ないのか」を相手に証明させるか、「体力がなくても仕事が出来る」ということを自分が証明すればよいのです。
そうすれば、先ほどの例はセクハラとして立証出来るわけです。

そう考えれば、正論ではハラスメント行為は出来ないのです。
正論のハラスメントを正論で反論する、ということは、どちらかの論が正論ではないわけです。

よって、”正論を使ったハラスメント”というのは、そもそも成り立たないのです。

ロジハラはただのモラハラ

じゃあ結局、暴論を使ったハラスメントとは、となりますが、それはただのモラハラです。
自分自身がロジカルに反論できないから正論と判定し、正論を使ったハラスメントだからロジハラだ!などという意味不明な考えはやめましょう。

セクハラパワハラアルハラヤニハラはまだしも、何でもかんでもハラスメント認定するのは感心しません。

「正論だけど適論ではない」と思うなら、それは正論ではないわけです。
そして、正論ではない思うなら、自分の思う正論をぶつけてみればよいのです。

それすら言い返さず、自分の力不足を顧みず、何でもかんでもハラスメント認定するのは、ハラスメント・ハラスメントです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメント

  1. りゅうすけ より:

    その言い方そのものがロジハラです

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!

      ロジハラの観点は「言い方」ではありませんよ。
      一応、元ネタの定義は「正論を相手に言う行為」のことをロジハラと指しています。
      そして、記事中ではパワハラセクハラも、権力や性的表現を含んだ暴論だからハラスメントなのだと指摘しています。
      しかし、「正論で暴論を言うこと」は不可能なので、ロジハラは存在しないと言っています。

      あなたのようになんでもかんでもハラスメントだハラスメントだと騒ぐ人がいるから、各種ハラスメントの定義もままならず、罰則規定も決まらないということをご自覚ください。

      1. ポンコツくん。 より:

        →吉田さん

        記事、面白く拝見させて頂きました。
        私も、『ロジハラ』という言葉に違和感を持ち、こちらのサイトに辿り着いた次第です。
        自分の理解を、いま一歩深めたいので、あえて吉田さんとは逆の視点より、意見することをご容赦ください。

        >>「正論で暴論を言うこと」は不可能なので、ロジハラは存在しないと言っています。

        果たして、本当にそうなのでしょうか?
        その論が、正論か暴論かというのは、絶対的なものでしょうか?

        つまり、ひとつ例を出しましょう。
        ①死刑は[必要]である。と考える人の正論と、
        ②死刑は[不要]である。と考える人の正論は、違いますよね。
        彼ら各人にとって、相手の意見はまるで暴論に聞こえるでしょう。

        これは極端な例ですが、人間一人の認識世界は狭く、判断基準は千差万別なので、往々にして起こりうることかと思います。上記判断基準まで遡って、お互い議論できれば建設的ですが、『ロジハラ』の一言で帰結させてしまうのは、あまりに稚拙であるという憂いは、私も吉田さんと一緒です。なので、私の意見をまとめると、『ロジハラ』は現象として存在するが、その言葉に甘え帰結させる行為は、あまりにも未熟である。という感じです。

        1. 吉田 より:

          コメントありがとうございます!

          一例にあげていただいたものは、事実を積み重ねて作り上げられる正論ではなく、個々人の真実の積み重ねであり、それを説いても正論は出来上がりません。

          正論とは絶対的なものであり、個々人の価値観によって結果が変わる真実とは異なると思っております。
          「1+1=2」が正論であり、「カレーはおいしいか?」という命題においては、人によって解釈は異なります。

          しかし、ロジハラの起源となったツイートを見ていると、物事を進めるために必要な「材料」というのは、人によって解釈が異なるとは思いません。

          例えば、「材料」が人であった場合、「24時間営業のコンビニを2人で回せ」というのは暴論なわけです。
          「2人で回せないなら人を増やせばいいよね?」というのは、あまり意見が別れないかと思います。

          そこで、「1人12時間ずつ働いて片方はその間寝てれば営業できるよね?」というしょうもない理論に対してすら、反論できないようなオツムの人間がロジハラとして騒いでいるわけです。
          私はそういった思考力の人間が生み出した「ロジハラ」なる存在を否定しています。

          物事を解決するための材料は一つではありませんので、そこで判断基準の違いが生まれる、というのは理解できます。
          しかし、判断基準が様々あるとはいえ、それが「ロジハラ」が存在する根拠になるというのは、違うと思っております。

  2. ガイロン より:

    ロジカルハラスメントという言葉が生まれたこと自体に強い恐怖を感じますね。
    様々な意見を見てきましたが、「これはロジハラに当たる」という事例には全て、正論とは無関係のコミュニケーション的問題があったにすぎませんでした。正論とは無関係のことを「正論(正論ですらない場合も多い)を主張する」ということ自体へ、問題のすり替えを行っているわけですね。彼らが言うところのロジカルとはどういう意味なのか気になるところです。
    おっしゃる通り、ロジハラは論理的に正しくありません。ロジハラを主張すること自体が「ノンロジカルハラスメント」と言えてしまうのは皮肉なところです。「ノンロジハラ」こそ無くすべきだと私は考えております。本当に恐ろしい世の中です。

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!!

      まさにその通りで、自分が論理的に返せないロジックを「正論」と捉えてしまうというのが、そもそもの問題点です。
      そして、そんな物事を論理的に考えられないような輩でもハラスメントを主張できるのですから、もう無茶苦茶です。

      こうやって適当にハラスメントだハラスメントだと言葉遊びばかりやっているから、本当のハラスメントに対する対処が遅れてしまうのです。
      正義の味方面して無茶苦茶なハラスメント主張ばかりしてる輩に発言させてはいけません。

  3. 名無し より:

    何でもかんでもハラスメント認定するのはおかしいというのはその通りです
    というか当たり前だと思いますが
    正義の味方面して滅茶苦茶なハラスメント主張ばかりしてくる輩?
    そんな人会った事ないですが
    でも人が不快に感じてるのに理屈を優先させてくるのはロジハラと言うべきだと思いますよ
    現実的に考えて、嫌だと思っても相手に言い返せないような状況、
    同調圧力で屁理屈を正論のように押し付けてくるなんて事は多々あります
    この場合はロジハラだろと言ってもいいんじゃないですか?
    そもそもロジハラが正論だけに対してのハラスメントだと決められた訳じゃないですし

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!

      …結局何が言いたいんでしょうか。
      私は”正論でハラスメントを行うことはロジハラ”と言っている人たちに対して言及してるのに、”そもそもロジハラが正論だけに対してのハラスメントだと決められた訳じゃない”って…。
      だから何でしょうっていう感しかないのですが、私の論理を勝手に飛躍させないでくださいね。

      あと、屁理屈を正論のように言われてるなら、正論返せって書いてますよ?
      また、冒頭で”何でもかんでもハラスメント認定するのはおかしいというのはその通りです”と書いたにも関わらず、不快ならロジハラと言っていいとか書いてみたり…。

      言ってることが無茶苦茶で話になりませんよ?

      1. 名無し より:

        そんなに必死に煽って来なくても仰ってる事は分かりますよ
        正論で返してもそれを認めずにあーだこーだ言ってくる奴らは沢山いるという事が言いたいだけです
        だから、吉田さんの言うようにハラスメントで括るのではなく、書かれた内容のように対処すべきだと思います

  4. ママ より:

    古い記事に言うのもなんですが、ロジハラで検索すると上に出てくる記事なので。
    ロジハラは現実としてありますよ。
    まずあなたの前提が間違っています。
    どういうことかというと、あなたの前提は完璧すぎます。確かにこれが可能ならロジハラなんてものは存在しえません。というか戦争すら起きませんよ。どんだけ物分りいいんですか。あなたにとっては人間ってそういう生物なんですかね。
    人間は人間である以上感情(バイアス)があります。
    どんなに完璧に論理建てたとしても逃れられません。だからいくらでも論理建ててハラスメント(自分の都合のいい方向)にできます。悪意があろうがなかろうが。
    そして次に人間は皆論理力も感情の度合いも千差万別です。あなたの理屈はこれが前提ではないですね。
    数学世界のような論理的な世界と、人間の営みが反映された世界での論理性は、まーったく違う文脈での論理なんです。

    あなたが言っていることを簡単に訳すと「こんな世界があったらロジハラなんて存在しない」です。
    でも実際は「ロジハラのある世界」なんです。あなたが前提としている世界は私の認識上ありませんね。
    善良な馬鹿が、悪徳な頭の良い人間にロジハラされてます。それを論理的にも、法律的にも問題ないといってしまうのがロジハラしてしまう人間。道徳的にダメ、というのがそうじゃない人間です。
    なんといってもロジハラするような人間の最大の問題点は、論理的にいくらでも「自己正当化」できてしまうので一生気付かないということですね。
    この手のやからを私は論理馬鹿と呼んでます。
    あなたのこの記事も論理馬鹿がよくやる自己正当化ですね。
    実際に現実的にロジハラは起こっているのに、まずロジハラが存在し得ない世界を前提に論を組み立てちゃってますから。そりゃその世界ならロジハラありません、としか言えません。

    「正論のハラスメントを正論で反論する、ということは、どちらかの論が正論ではないわけです」
    ってありますけど、正論と正論がぶつかり合うことって普通にありますよ。
    こういう時ってバイアスが違うだけでどちらも正論なんですよね。
    どちらかの論が正論でない、なんてのは数学のような論理で組み立てられた世界か、感情無くしてから言ってください。

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!!
      確かに、あなたのように全く論理思考できず、自分の考えを体系立てて話せない人には、難しい話です。
      もう少し日本語の勉強してから出直すといいですよ。あなたに当ブログはレベルが高すぎる。
      しかし、あなたがどう思おうと、正論というのはある事象において一つしかないのは確かであり、世界はとてもシンプルに、ロジカルに動いています。
      そして、あなたのように支離滅裂なことばかり言う頭の悪い人が大量に押し寄せているおかげで、「ロジハラと騒いでいる奴はやはり頭が悪い人間だった」というのが勝手に証明されています。
      私に意見するなら、もう少しキッチリ考えをまとめてから行っていただくことをオススメします。

    2. あはまか より:

      前提が間違ってるとか偉そうな事言ってるけど
      あんたの言う前提って自分の中だけのもんだろ
      「正論ばかりの人を「ロジハラ(ロジカルハラスメント)」と呼んでます。」
      って言ってるんだから間違ってないんだよなぁ

  5. 通りすがり より:

    私もロジックが好きなので基本的に同意します。
    下記のようなパターンはどう考えるか、宜しければご意見ください。
    「気に入った部下には正論により行動を正させない上司が、気に入らない部下にだけ常に正論でのみ接する。その差別化によって気に入らない部下に理不尽さを体感させる」

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!!

      私はそれもロジハラには当たらないと思います。
      上司の意地は悪いとしても、ロジックに善悪はありません。

      パワハラやセクハラなどは、そもそも発言内容が不適切です。
      パワハラとセクハラの線引きは、”発言内容の違い”であり、その内容が不適切だからハラスメントなのです。

      ロジハラというのは、ロジックを使ってハラスメントをするということになってますが、正論ならば内発言容が不適切ということはあり得ません。
      言っている人の意地が悪いという意味でハラスメントとするなら、やはりモラハラだと思います。
      そもそも相手が上司ならば、普通にパワハラ認定でいいと思います。

      相手が上司ではなく、同僚や部下だとしたら、普通に論理思考を身に着けて反論すればよいのです。
      それが出来ないなら、気に入ってもらえるよう日々を過ごす処世術を学びましょう。
      そういう意味では処世術というのは大事です。

      1. 通りすがり より:

        ご意見ありがとうございます。
        この題目の前提として、ハラスメントとは嫌がらせのことですので、“嫌がらせを受けている”根拠があればハラスメントに当たる、と考えています。
        気に入らない部下への発言を局所的に捉えると正論ですが、気に入った部下への発言も含めて捉えると“発言内容の違い”が生じており、一貫性がなく破綻していると考えられます。
        局所的な発言内容は不適切ではなくても、上司には前提として「気に入らない」感情があるため、結果として部下との接し方に違いがあります。
        この上司のロジックでは、「気に入らない部下にはキツく接する」前提で正論の使い所を分けていますので、この上司の行動には破綻がありません。
        一方で、気に入られていない部下としては「その正論を私に言うなら、あの気に入ってる部下にも同様にその正論を言ってよ」と言うように捉えることが出来るので、一貫性がなく破綻しています。
        これは、この部下の考えている前提が「上司とは仕事をマネジメントする」存在であり、そこに私情を挟んではいけないと考えているからです。
        部下の考えている前提を「上司も人間であり、私情を挟むのも仕方の無いこと」と変更すると、途端に破綻はなくなり、嫌がらせと受け取らなくなります。
        おっしゃる通り、正論には前提があります。その前提に「気に入らないやつには嫌がらせをする」を含めてしまうと、正論でありながら、ハラスメントが可能、と考える事も出来そうに思います。

        この記事で、ロジックとハラスメントについて考えが深まりました。
        もし宜しければ、更なるご意見を下さい。

        1. 吉田 より:

          コメントありがとうございます!!

          言わんとしていることは理解しました。
          しかしながら、やはり「気に入らないやつには嫌がらせをする」という前提はなかなか難しいものがあります。
          今回の話にある上司が本当に「気に入らないやつには嫌がらせをする」奴なのかは、上司にしかわからないという点があるからです。

          例えば、私が職場の独身女性に対して「彼氏いるんですか?」と純粋な気持ちで聞いても、セクハラ認定されてしまいます。
          これは、私が下心を持ってようがいまいが、発言内容が不適切であるため、セクハラ認定されてしまうのです。

          一方、今回の例の場合は、発言内容は不適切ではないため、上司側が何とでも言い逃れできてしまいます。
          例えば、気に入らない部下には「成長のために親心で言っている」と言ってみたり、気に入っている部下には「気に入らない部下とは微妙に状況が異なるため、発言内容が変わっている」といってみたりなどなど。

          言われていない第三者も巻き込んでハラスメントであると認定するためには、客観的な証拠が必要です。
          セクハラのようなポピュラーなハラスメントですらも、たとえ明らかに不適切な発言内容であったとしても、証跡がないとハラスメント認定はだいぶ難しいのです。※言った言わないの論争が起こる
          その上で、「発言内容は適切だが、心の内は不平等であるためハラスメントである」と認定するのはかなり無理があると思われます。

          1. 通りすがり より:

            ありがとうございます。
            そうですね。私の例で発言者の悪意の有無を論点にすると、現実にはハラスメント認定は難しいと思います。
            ロジハラと騒がれる殆どは実際にはロジカルシンキングが不得手な人がモラハラと混同しているだけで、正論自体はハラスメントにならないという趣旨には賛成です。
            ただ、拡大解釈の問題は別として、一般的にハラスメントは受け手が嫌がらせと感じること(言葉や行動の裏にある悪意)が出発点だと思うので、正論で武装した嫌がらせもあり得ると考えた次第です。(正論が悪ではなく、使い方で悪が有り得るという主張)
            繰り返しご意見くださりありがとうございました。

          2. 通りすがり より:

            もう一度ご意見を読み返しました。
            「言っている人の意地が悪い意味でハラスメントとするなら、モラハラ」でスッキリしました。
            正論で武装していようが、感情に基づいた差別のカテゴリはモラハラになりますね。
            ロジハラは存在し得ない、まで完全に同意しました。ありがとうごさいます!!

  6. 名無し より:

    こんにちは。
    ロジハラってパワハラセクハラと並列するものじゃなくてオプションとしてそれらを補強する?ものじゃないんですかね?例えば
    「〇〇(正論)なんだからA案に決まってるだろ。バカは仕事辞めろ」
    発言の前半部分は正しいので反論できません。後半の暴言に関しても場合によっちゃ「反論できないからって揚げ足取りするな」と取られるかもしれないわけです。
    昔いた職場にいましたが諸々の部下たちの苦情で上司に呼び出されると「俺は正しいことしてるのに批判されるのは理不尽だ」と怒っていました。
    結局本質はパワハラだとかになるとは思うんですが暴言だけ吐くハラスメントと違い自己正当化できるだけ厄介な存在としてそういう人はいると思いますよ。

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!!

      ロジハラに限らず、そうやってハラスメントをフォークさせていくと、結局問題の本質はどこ?となりがちです。
      そうなってくると、問題の対処がしづらくなるため、何でもかんでもナントカハラスメントと分類するのはやめましょう、ということです。

      ハラスメントにおける我々のやるべきスタンス、目的というのは、対処して無くすことです。
      これはロジハラ、これはセクハラ、これはナニハラ?と分類して遊ぶことが目的ではありません。

  7. 今更ですがテスト投稿 より:

    正論を受け入れられないと何でもかんでも屁理屈だって言う人、昔から居ましたよね。
    そういう方達の逃げ先が変わっただけのように見受けられますね。
    いくら筋道を立てようが頭の弱い彼ら彼女らは途中で思考を放棄し、自分の中で訳が分からないから屁理屈と思えてしまう。
    でも屁理屈だと言うだけでそこからの反証が無いんですよね。
    ただ屁理屈だと思うだけで何故、屁理屈だと言えるのか自分でも分かってないから。
    なのでロジハラを訴える方達にとってはどうやら正論を言ってるようだが理解出来ないし不快だ、というぐらいの認識しか無いんですよね。
    だってその正論らしきものが本当に正論なのか考えないから。

    話が変わりますがロジハラなんて存在が認められたら怖いですよね。
    ハラスメントって主張するには一定のロジックが必要だから逆にロジハラって言われても文句無いんですよね?
    ロジハラの無限ループでハラハラしちゃいますよ。
    あ、もしかしてこれも屁理屈だったりしますか?

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!

      >正論を受け入れられないと何でもかんでも屁理屈だって言う人、昔から居ましたよね。
      いましたね。そう考えると、単純に「屁理屈」という言葉が「ロジハラ」に変わっただけのようにも捉えられますね。
      なんでも横文字にしちゃう文化ですね。

      おっしゃる通り、ロジハラという存在が認められたら、ロジハラを訴えたロジックに対してロジハラを訴える、そのロジックがロジハラであると・・・というような無限ループ・合わせ鏡のような状態に陥ります。
      果たしてそれでロジハラ提唱者たちは満足するのか・・・。本当にくだらないですね。

コメントを残す

*