【働き方改革】人手不足なのに人手が足りている!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

連日のように人手不足の報道がなされている昨今、就活の現場では学生が有利な「売り手市場」と言われています。
しかし、人手不足と言われていながら、現状は人手が足りている、という真逆の論調もあるようです。

就活中の人にとっては悩ましい出来事ですが、何が起きているのでしょうか。
今回は日本の人手不足問題について、ご説明したいと思います。

    目次

  • 世の中は人手不足
  • 大企業の人手は足りている!?
  • 世は「奴隷不足」時代

世の中は人手不足

以下のソースによると、人手不足が原因と思われる倒産は、2018年度が過去最高だったようです。

2018年度(2018年4月-2019年3月)の「人手不足」関連倒産は400件(前年度比28.6%増、前年度311件)に達した。
年度ベースでは、2013年度に調査を開始以来、これまで最多だった2015年度(345件)を上回り、最多件数を塗り替えた。
引用元:2018年度の「人手不足」関連倒産が過去最多の400件、「求人難」型が2.6倍に急増

データを見ると、確実に人手不足が実感出来ます。
このデータによると、これら人手不足によって事業継続が困難になり、業績が悪化して倒産、というパターンのようです。

倒産のパターンとしてよくある、何かやらかして賠償金が膨れ上がって倒産、というパターンではなく、じわじわ人がいなくなって倒産、というパターンでしょうね。
なぜこんなになるまで放っておいたのか。

人手不足関連倒産の種別の中で、有能な社員がやめちゃってまずいことになる「従業員退職型」以外は、新しく雇えば解決出来る問題でした。
つまり、新しく雇われたい就活生とのマッチングは最適なはずです。

大企業の人手は足りている!?

人手不足による倒産が過去最高という背景の中、同時期にこんな現象も起こっているようです。

従業員規模別が5000人以上の大企業の求人倍率は0.37倍にすぎず、しかも前年の0.39倍からむしろ0.02ポイント低下している。
引用元:新卒「売り手市場」の落とし穴、大企業の求人倍率はたった0.37倍

就活生に人気な、給料が高くて大きな会社は人手不足どころか、余っている状態なんです。
つまり、人手不足とは言ったが、日本中の企業が人手不足とは言っていない、という状況です。

求人倍率0.37倍ということは、1つの席に対して3人が椅子取りゲームをしている状態です。
面接の待合室で両隣に座った人を蹴落とさなければならないという、実はすごいシビアな状況なのです。

逆に、中小企業はというと、以下のようになっています。

一方、300人未満の企業(中小企業)ではむしろ9.91倍と、前年の6.45倍から3.46ポイントも上昇して過去最高となった。
1人の学生に対し、10社の求人がある計算だ。
引用元:新卒「売り手市場」の落とし穴、大企業の求人倍率はたった0.37倍

求人倍率9.91倍・・・。
先ほどとは全く違った数字になってしまいました。

この状況をさっきの椅子取りゲームに例えると、10席を1人で争っている、ということです。
もはや、ゲームでも何でもない、ただのバイキングレストラン状態です。

このように、新しく雇われたい就活生は倍率の高い大企業を狙い、新しく雇いたい中小企業には10社中9社、人が来ないことが確定している、という残念な状況なんです。

世は「奴隷不足」時代

先ほどの人手不足倒産に関する記事を精読してみると、以下の点がさらに浮き彫りになりました。

2018年度の産業別では、最多がサービス業他の105件(前年度比34.6%増、前年度78件)だった。
内訳は、飲食業23件、老人福祉・介護事業12件、医療関係10件、人材派遣業9件、建築設計業などを含む土木建築サービス業7件など。

ものすごい偏った個人的な意見ですが、これらはいわゆる「キツくて低賃金な業種」ですよね。
医療関係、建築設計業に関しては、賃金は安くないものの、日をまたぐのはザラにある究極的にキツい業種です。

つまり、人手不足人手不足と言いつつも、結局は「奴隷不足」ということです。
キツくて低賃金な仕事に人がいない、ということです。

よって、今は売り手市場でもなんでもなくて、キツくて低賃金な仕事が淘汰されている状態ということです。
むしろ、上記「キツくて低賃金な業種」に対する浄化作用が効いているのではないでしょうか。

就活中の学生さんは、キツくて低賃金な職場に捕まらないようにお気を付けください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*