【RAIZIN】他のエナジードリンクと比較!コスパいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

以前ご紹介したRAIZINを値切って買う方法の余波により、大量のRAIZINが家に余る事態に陥りました。

というわけで、今回はRAIZINと他のエナジードリンクを比べ、「RAIZIN」はコスパに優れているのか、ご紹介したいと思います。
RAIZIN以外のエナジードリンクは、界隈ではツートップともいわれる、モンスターエナジーとレッドブルです。

    目次

  • 値段は?
  • カフェイン含有量
  • その他栄養
  • 結論:コスパ悪

値段は?

はい、これらが値引いて買ったRAIZIN達です。
安いからってホイホイ買うもんではありませんね。

RAIZIN

安かったとは言え、正規の値段で買うと206円くらいします。
これで容量500mlくらいあったら納得なのですが、185mlしか入っていません。

なんと、あのエナジードリンク界の王者、レッドブルの185ml缶より1円高いんです。
かなり余裕がありますね。

ちなみに、私の大好きなモンスターエナジーは、355ml入っていて205円です。
こうしてみるとモンスターって意外に安い・・・!?

よって、値段の面で言うと、RAIZINは一人負け状態になってしまいます。

カフェイン含有量

値段で負けているとは言え、カフェインやそのほかの栄養素が勝っていたら何も言うことはあるまい。
私たちは値段でエナジードリンクを選んでいるわけではないはずです。

というわけで、エナジードリンクの肝ともいえる、カフェインの含有量を比べてみました!
「ME」はモンスターエナジー355ml缶、「RB」はレッドブル250ml缶、「RS」はRAIZIN SAKURA、「RD」はRAIZIN DRY、「RZ」はRAIZIN ZEROです。

RAIZIN

えぇ・・・。
モンスターエナジーにボロ負けしています。

ちなみに1円当たりのカフェイン含有量は、モンスターエナジーが0.69mgなのに対し、RAIZIN系列は0.24mg・・・。
もはや、2.5倍以上の差をつけられています。

カフェインでは勝ち目なし。
※レッドブル250ml缶も260円する割に、カフェイン量低いのが気になりました。

その他栄養

カフェインで負けているとは言え、カフェイン以外の栄養素、アルギニンとかカルニチンとかパントテン酸が優れていればワンチャンあるはず!
というわけで、RAIZINのカフェイン以外の栄養素を調べてみました!

RAIZIN

ん!?
書いてない・・・。

原材料には書いてありますが、違いますやん・・・。
普通、表の中に何mgとか書いてありますやん・・・。

デザイン上書いていないのかと思い、商品詳細ページまで調べましたが、書いてありませんでした。

製品詳細 RAIZIN DRY(ライジン ドライ)

これはもう、その他栄養素の記載があるモンスターエナジーとレッドブルの不戦勝です。
本当にありがとうございました。

結論:コスパ悪

というわけで、とても悲しい結果に終わってしまいました。
RAIZINは他のモンスターエナジーと比較して、値段もパフォーマンスも悪いということが明らかになってしまいました。

これはつまり、「RAIZINが好きで好きでしょうがない」という人しか買わない、ということです。
確かに、「ジンジャーエール味のエナジードリンク」として見れば、唯一無二かもしれませんが。

しかし、それも少数でしょう。
ジンジャーエールが飲みたいなら、カナダドライのジンジャーエールのほうが安いし、おいしい・・・。

味が好きで飲んでいたモンスターエナジーでしたが、今回の比較でコスパがいいこともわかってしまいました。
やはり、モンスターエナジーが最強ですね。

もう箱買いしようかな。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*