【The老害】優先席に老人マークは必要か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

横浜市内のバスで、老人が子供を席から引きずり下ろしたというニュースが話題になっています。
以下はソースです。

高齢者に譲るべきか、子ども優先か――バス座席でおじいちゃんと母親が罵り合い

老人とか子供抜きにして、人が座っているところに無理やり割り込んで座るとか頭おかしいですね・・・。
公共の交通機関には、大体優先席があるので、老人は席を譲ってもらえるものだと勘違いしているのでしょうね。

そもそも、以前から思っていたのですが、優先席に老人マーク要りますか?
今回は優先席に老人マークは要らないのではないか、ということについて言及したいと思います。

    目次

  • 専用席ではなく、優先席
  • 優先席は「譲られるもの」
  • 老人に席を譲らなければならない理由とは
  • 優先席を譲ってほしければ、日頃の行いを改めよ

専用席ではなく、優先席

大前提として、席に座る権利はみな平等です。

優先席とは、優先して座れるだけであって、専用席ではありません。
鉄道会社も、ご協力ください、とは言うものの、優先席に座る人が来たら必ず譲ってください、なんて言いません。

みんな交通機関が定める料金を平等に支払い、乗車しているわけです。
乗客同士にランク分けなどありません。

たまに「子供は料金が安いから、子供は老人に譲れ」という論調がありますが、「交通機関が定める料金を満額支払っている」という事実のもとでは、皆同じなのです。
子供料金に文句を言うなら、定めた交通機関に言うべきなのです。

新幹線の指定席は、通常の乗車料金に加え、席に座る権利を割り増しで払っているからその席に座れるのです。
電車やバスで、誰が優先して座れる、などという概念がそもそもないのです。

優先席は「譲られるもの」

その大前提を考えると、席は「譲ってもらうもの」ではなく、「譲られるもの」だということがわかります。

誰も座っている人の席を奪う権利などないのです。
当たり前ですね。

譲ってくれませんか、と働きかけて、仮に断られてもしょうがないのです。
お互い平等なのですから、断られて憤慨するなど、こちらが相手より上だと勘違いしている証拠です。

今回のような事件は、優先席が生み出した悲しきモンスターとしか言いようがありません。
優先席がもともとなかったら、老人たちもここまで横柄にならなかったでしょう。

老人に席を譲らなければならない理由とは

まず、優先席の定義は以下のようになっています。

優先席(ゆうせんせき)とは、鉄道車両やバスなどに設置されている、高齢者・障害者・けが人・体調不良者・妊婦・乳幼児連れ(ベビーカー含む)などを、椅子への着席を優先・若しくは促す座席である。
引用元:優先席

この中で、高齢者だけ異彩を放っています。
そう、高齢者だけ「健常者」なのです。

そりゃ妊婦や乳幼児連れも健常者なのですが、彼らは気遣わなくてはいけない対象(胎児・乳児)が他にいるため、自分の面倒を見ればいいだけの高齢者とは次元が違います。
そもそも、高齢者以外の人は、優先席でなくとも譲ります。

ただし、高齢者には基本的に譲りません。
なぜなら、自分と同じ健常者ですから。

自分と同じカテゴリーにいる人間に譲る理由がありません。
私が高齢者に席を譲らなくてはならないなら、高齢者も私に席を譲らなくてはいけないのです。

優先席を譲ってほしければ、日頃の行いを改めよ

上記で色々言いながら、私自身は普通に老人にも席を譲ってます。
といっても、明らかに人がよさそうな人相の人を選んで譲っていますがね。

そういう人は、だいたい譲った後にお礼を言ってくれたりします。
また、私か相手が降りる時は、再度お礼を言ってくれたりします。

老人たちも優先席関係なく、席を譲ってほしかったら、日ごろから行儀よく暮らしたほうが良いですよ。
日頃の行いというのは必ず返ってきます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメント

  1. ねこ丸 より:

    あなたがおいくつかは存じあげませんが、老人と普通の大人が同じ健常者で同じくらい健康とは限らないのではないでしょうか。
    老人は筋肉量が少なく踏ん張りが効きませんので、電車が揺れたとき転ぶ可能性があります。そしてもし転んだ場合、骨密度が低いせいで骨折するかもしれません。
    そして何より、老人は膝や腰などあらゆるところに痛みを抱えていることが多いです。体が痛いのに立っているのはとても辛いことです。
    私は若くて一見健常者なので、優先席に座っていると老人にキレられて日々腹を立てている立場ですが、健康でなくなって初めて老人の体の大変さに気がつきました。
    老人は老人というだけでただ電車で立ってることすらしんどい生き物です。
    そして、もし老人に席を譲らずその人が転んでしまい、入院することになったら…。その入院費を賄うのは私たち働く世代です。税金や保険料が上がるのが嫌なら、積極的に譲った方が賢明です(半分冗談です)。

    1. 吉田 より:

      コメントありがとうございます!

      しかしながら、私は老人に席を譲ることに反対しているのではなく、優先席の対象として老人が定義されているのは違うのではないか、と申し上げております。※実際、私は日常的に席を譲っています。
      人間いろんな人がいますから若いから筋力があって、年取っているから筋力がない、とも言いきれません。

      また、老化による筋力減少は誰の目から見ても自明であり、筋力が低下してつらい思いをする、というのはある意味自己責任でもあります。
      老化による筋力減少は、日常的な自重トレーニングで充分対応出来ます。

      よって、自己責任である筋力減少を優先席でケアする必要はないのではないか、と思っています。
      ※老化は病気ではないので。

      しかしながら、「老人にはおとなしく座っておいてもらおう」という意見もわかります。

      1. ねこ丸 より:

        老化による筋力低下が自己責任…、そのような考え方もあるのですね。
        では、子どもが欲しくて妊娠した妊娠も、部活動やレジャーで骨折した人も、自己責任なのでしょうか?優先席の対象外ですか?
        反対に、どのような人が優先席に座っていいのですか?
        (決してあなたを攻めているわけではありませんので、どうか誤解なさらないでください。私の勉強のためにご意見をお聞きしたいのです)
        一般論として、70、80になって青年中年並みの筋力を維持するのは難しいです。神経痛や関節痛のせいで運動なんてもっての外!という人は多いです。
        運動機能は問題なくても、ガンや心臓、脳血管疾患を患っている(いた)かもしれず、生きてるだけでしんどいという割合は普通の大人よりうんと多いのではないでしょうか。
        年を取ってからの病気やケガは特に、自分の努力だけでは防ぎきれるものではないですから、自己責任で片付けてしまうのは少々かわいそうな気がします…。誰だって明日は我が身です。

        おっしゃる通り老化は病気ではないです。ということは誰もがいつかは必ず老人になります。そうなった時、周りに労ってもらえる社会の方が良くないですか?
        若いうちは優しくし、年を取ったら優しくされる、そういう世の中であってほしいと私は思います。それが福祉国家ですよね…?
        ただ、今日のモンスター老人は論外ですが…

        1. 吉田 より:

          コメントありがとうございます!

          >老化による筋力低下が自己責任…、そのような考え方もあるのですね。
          必ず来るとわかっている事実に対して何も対策を行わない、という意味では自己責任だと思っております。
          別の例で表すと、定年退職したら収入源が著しく細ることが分かっているのに、若いころから貯金をせずに散財してしまったことで、老後貧しくて暮らせない。
          こうなってしまった場合は、多くの方が自己責任だと認識するのではないでしょうか。

          >子どもが欲しくて妊娠した妊娠も、部活動やレジャーで骨折した人も、自己責任なのでしょうか?
          妊婦さんは席を譲ったほうがいいと思っています。
          記事中にも書きましたが、健常者であれど、胎児や幼児というケアすべき対象がいる存在なので、自分の面倒を見ればいいだけのその他大衆とは次元が違います。
          また、部活動やレジャーで骨折した人は、怪我をするとわかってやっているわけではありませんし、怪我をするなんて誰にもわかりません。
          たまたま怪我してしまっただけなので、確実に来るとみんなが知っている老化とは、原因の本質が違うと思っております。

          >一般論として、70、80になって青年中年並みの筋力を維持するのは難しいです。神経痛や関節痛のせいで運動なんてもっての外!という人は多いです。
          >運動機能は問題なくても、ガンや心臓、脳血管疾患を患っている(いた)かもしれず、生きてるだけでしんどいという割合は普通の大人よりうんと多いのではないでしょうか。
          青年中年並みの筋力を維持することは難しいですが、日常生活を不便なく暮らすための筋力は維持出来ると思います。100mを20秒以内で走れ!なんて厳しいことは言いません。
          また、神経痛、関節痛、ガン、心臓病、脳血管疾患など、各種病気を患っている方には、譲るべきだと思います。傷病者ですから。

          しかしながら、これら傷病も老人に限った話ではありません。
          よって、この場合、「老人だから席を譲る」のではなく「傷病者だから席を譲る」という解釈になります。

          >おっしゃる通り老化は病気ではないです。ということは誰もがいつかは必ず老人になります。そうなった時、周りに労ってもらえる社会の方が良くないですか?
          >若いうちは優しくし、年を取ったら優しくされる、そういう世の中であってほしいと私は思います。それが福祉国家ですよね…?
          >ただ、今日のモンスター老人は論外ですが…
          この意見に対しては完全同意です。というか私も実践しています。
          私の最近の記事でも言及しましたが、年下には媚を売るべきだなと思っています。※表現が行き過ぎかもしれませんが。
          自分の世話を自分で見れない時期というのは、人生で赤ちゃんの時と年老いた時です。
          年老いた時に面倒を見てくれるのは年下です。よって、年下に優しくすることは、老後のための一番の保険だと思っております。

          1. ねこ丸 より:

            とてもいい議論ができてとても嬉しいです。お付き合いくださりありがとうございます。

            傷病者は優先されるべきとのことですが、目の前の老人が傷病によってヨロヨロしているのか、運動を怠ったからヨロヨロしているのか、どのように判断するのでしょうか。

            そして、老後のために貯金せず散財した人でも、生活保護で生活は保証されます。
            また、暴飲暴食して人工透析になった人、体に悪いと分かってタバコを吸い続けた人など自己責任とも思える人でも、国民健康保険で治療が受けられます。
            健康保険制度、年金制度、生活保護制度は、社会成員の「困った時はお互い様」で成り立っています。重複しますが、それが福祉国家の精神です。
            優先席だって、どんな理由であろうと立って乗車するのが困難な人がいれば、無条件で座ればいいと思います。

            運動が元々嫌いな人が将来「自己責任の老人」になろうかと思いますが、そのような人だって長年労働をし納税をし、社会貢献してきたわけです。
            運動を怠ってヨロヨロになったからって優先席に座れないというのは、それこそ人権云々の問題になってしまいそうです。
            自己責任の老人であっても、かつては私たち下の世代のために必死に働き税金を納めてくれたわけです。そのおかげで私たちは学校に行けたり、予防接種を受けられたり、公園や図書館を利用できました。
            引退したら次は私たちがその下の世代の為に働く、それが社会の方程式です。モンスターは例外としても、長年頑張って日本を支えてくれた人たちに対して席くらい優先的に座らせてあげてもバチは当たらないのでは、と。(感情論ですが)
            あなた様も、「自己責任だ」などと言っておきながら実際には譲っていらっしゃるとのことですので、心の底には「困った時はお互い様」「持ちつ持たれつ」の気持ちがおありなんだと勝手に信じております…

            あと、医療関係者に聞きましたが、老化が進むとどんなに気を遣っていても日常生活が大変にはなってくるそうです。(日常生活とはいっても電車の立ち乗りはかなりレベルが高いと言われましたが…)
            食欲は落ちるので体力はつきにくくなるし、目も耳も遠くなるし、脳の働きも鈍り、注意力も低下するので転倒しやすくなる。そして一度転倒すると、安静にしているうちにさらに機能が低下するという負のスパイラル。
            また、精神面でもネガティブな傾向になるので、意欲も低下する。色々な要因が重なって、ただ生きているだけでしんどいという状態が生まれるそうです。
            メディアで見るような80代でも元気に農作業をするおばあちゃんというのはほんの一部で、生まれつき体が丈夫な人なんだと思います。

          2. 吉田 より:

            コメントありがとうございます!!

            >とてもいい議論ができてとても嬉しいです。お付き合いくださりありがとうございます。
            こちらこそ、自分の認識・理解を再考するきっかけになるのでありがたいです。

            >傷病者は優先されるべきとのことですが、目の前の老人が傷病によってヨロヨロしているのか、運動を怠ったからヨロヨロしているのか、どのように判断するのでしょうか。
            そこはエスパーでもない限り判断しようがないので、席に座っている人それぞれの気持ちだと思います。

            記事中でも書きましたが、基本的に席は「譲られるもの」です。
            筋力が弱くてヨボヨボでどうしようもない老人は、「譲ってください」と自ら申し出ればよいと思います。

            やさしい人ならば譲ってくれるでしょう。

            >そして、~…~無条件で座ればいいと思います。
            福祉国家の精神はその通りなのですが、果たして、それが世の中で「良し」とされているかどうかだと思います。
            最近、喫煙者を採用しない企業も増えてきており、健康に気を使わない人間は爪弾きにされていく時代です。

            企業を支えるのは人です。福祉国家を支えているのも人です。
            同じ人が支える集まりで、自己責任の論調が台頭してきているのです。

            ちなみに優先席は国鉄が設けた制度なので、健康保険制度、年金制度、生活保護制度のような国が定めた制度とは違います。

            その違いが利用者間での認識違いを生み、今回のような事件を引き起こすのかもしれません。
            国の制度として、優先席は老人に譲れ!と定義されていたら、今回のような事件は起こらなかったのかもしれません。

            >運動が~・・・~勝手に信じております…
            優先席に座れないから座っている人をどかすとなると、どかされた人の人権はどうなってしまうのでしょうか。
            人権は法の下に平等なので、席を優先的に座っていい理由にはなりません。

            本当に下の世代のために働いてくれた人に恩返しをするならば、その人たちがやったように、下の世代のために尽力すべきだと私は思っています。
            冷たい言い方になりますが、必死に働いたり、税金を納めたりしたのも、上の世代が勝手にやったことです。

            私も会社で年次が上になってきましたが、後輩の手助けをしても、感謝しろなどと思ったことはありません。
            私が自発的に行った手助けに対して、感謝を期待するなど傲慢にもほどがありますし、見返りを求めることで、後輩にイライラする原因にもなると思います。

            ちなみに、私が席を譲っているのも、敬意ではなく、ただの節介です。
            もっと言うならば、老人でなくても席は譲ります。部活でクタクタになっている高校生にも譲ったことがあります。

            >あと、~・・・~生まれつき体が丈夫な人なんだと思います。
            これは貴重な意見ですね。私自身、気を付けて生きていきたいです。

            ちなみに、私の祖母が80後半で、畑仕事はもちろん、一人で雪下ろしをするような体力の人間です。
            昔は米俵一俵60キロを普通に持って運んでいたそうです。

            その人を見ているからか、都市部に棲む老人は貧弱に見えて仕方ありません。
            しかし、私の祖母も都市部の老人も、同じ時代を過ごした同じ人間です。

            私の祖母だけが特別な扱いを受けて、生きてきたわけではありません。

  2. ねこ丸 より:

    「譲ってください」と言えばいいというのは正論です。ですが、言えないのが現実です。私も何度言おうと思ったことか…でも特に相手が男性の場合、怖くて言えないのです。
    まずほとんどの人は私を見るなり寝たふりや携帯を見て気づかないふりをするし、どうにも辛くて勇気を出してお願いしても「なんで?譲るのは義務じゃないよね」と逆ギレされたり。
    あなたのように疲れた高校生にすら譲ってくれる優しい人など、滅多にいないのがこの国の現実です。(地域にもよりますが)

    はい、優先席に座りたくて座ってる人間をどかすのは言語道断です。私もどかされかけたことが何度もありますが、権利をふりかざすのは間違っています。
    ただ私が福祉国家を挙げたのは、福祉国家が成り立つ国は、国民の中にもその精神が根付いている印象があるからです。例えば、ヨーロッパ各地ではバリアフリーが行き届いていないけれど、女性が大きなスーツケースやベビーカーを持って階段のところにいると100%男性が手伝ってくれるので、エレベーターなどなくても問題にならないし、優先席もないけどお年寄りや障害者は無条件でみんな席を譲ってもらえていました。
    また東南アジア諸国でも、困っている人がいればみんな至極自然に手伝ってくれます。福祉がまだ整っていない国でも国民がこのように優しいです。
    つまり福祉国家というのは、もともとこのような雰囲気があった上で徐々に制度化されるのかと考えました。日本もかつては人々が親切にし合って生きてきて、経済成長も相まって今の福祉制度ができました。
    ところが最近の日本人は自分にしか興味がなく他人に気を配れない人が増えました。
    そういう人が多いから、マナーは本来その人の良心によるものであるはずなのに、鉄道会社が押し付けるような放送をせねばならなくなってるのではないか、と思います。元はといえば席を譲れなどと鉄道会社に指示される筋合いはない。でも言われなければ譲れないのだから情けない話です。
    もし日本人もヨーロッパのように自然に助け合いができる国民なら、そんな押し付けがましい放送も、そもそも優先席も存在しなかったはず…
    最近の日本人は老いも若きも福祉の精神がなくなっていて、制度だけは存続しているから、おっしゃる通り矛盾を生んでいるのかもしれません。
    自己責任論が叫ばれているのはたしかですが、日本人はその意味をはき違えているように思うのです。彼らの主張を聞いていると自己責任と福祉国家は共存し得ないように感じますが、福祉先進国ではちゃんと両立しています。

    私は感謝の念を強制するつもりはありません。ただ単純に元気なうちは譲り、将来自分が必要なときに譲ってもらう、でいいのではというだけです。その根底にあるのが「持ちつ持たれつ」ということです。

    おばあさまはご立派ですね。若いうちから体を使っていたからお元気でいられるのでしょうね。うちの祖父はずっとサラリーマンでデスクワークだったので、80過ぎたら病気ばかりです…

    長々と議論にお付き合いくださり本当にありがとうございます。本音を聞けてとても勉強になりました。もし大変でしたらこの辺で終わりにしてくださって構いません。

    1. 吉田 より:

      >「譲ってください」・・・滅多にいないのがこの国の現実です。(地域にもよりますが)
      私は人に席を譲りますが、譲らないのもその人の自由だと思います。
      記事中にも書きましたが、「交通機関の定めた料金を満額支払っている」という事実の下では、みな平等なわけです。
      個人的な感想ですが、他人に期待しすぎると疲れてしまうので、譲ってもらったらラッキーくらいでいるのがちょうどよいと思います。

      >はい、優先席に座りたくて座ってる人間をどかすのは言語道断です・・・彼らの主張を聞いていると自己責任と福祉国家は共存し得ないように感じますが、福祉先進国ではちゃんと両立しています。
      ほかの国のことはよくわかりませんが、諸外国と比較して、日本人にギブの精神がないというならば、おそらくは宗教の違いだと考えています。
      日本は無宗教はもちろんのこと、よくわからない様々な宗派が存在します。

      私も無宗教ですが、縁あってプロテスタントの人達と仲良くさせていただく機会がありました。
      彼らはギブの精神が非常に強く、彼らに囲まれていると、私も誰かにやさしくしたくなる気持ちになるほどでした。

      引っ越しと同時に疎遠になってしまいましたが、彼らとの出会いで宗教に対する考えが変わりました。
      まぁいまだに無宗教ではあるんですが。

      >私は感謝の念を強制するつもりはありません。ただ単純に元気なうちは譲り、将来自分が必要なときに譲ってもらう、でいいのではというだけです。その根底にあるのが「持ちつ持たれつ」ということです。
      持ちつ持たれつという精神は大事ですが、持たれる側が持つ側に期待しすぎると、疲弊しますし、争いの種になると思っております。

      >おばあさまはご立派ですね。若いうちから体を使っていたからお元気でいられるのでしょうね。うちの祖父はずっとサラリーマンでデスクワークだったので、80過ぎたら病気ばかりです…
      私もデスクワーク一辺倒ですので、何もしなければ被介護者の最有力候補です。
      よって、日ごろから筋トレは欠かしません。

      >長々と議論にお付き合いくださり本当にありがとうございます。本音を聞けてとても勉強になりました。もし大変でしたらこの辺で終わりにしてくださって構いません。
      返信が遅くなってしまいましたが、意見の異なる人の視点は勉強になるので、言いたいことがあれば、ポンポン放り投げていただいて構いません。

コメントを残す

*