【格安SIM】LINEモバイルを一年以上使ってみた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

月々の通信料が高すぎて、格安SIMに乗り換えたい、と思っていませんか。
また、格安SIMは店舗が少なく、基本的にインターネット上で契約をするのでよくわからない、という方もいらっしゃると思います。

今回は、私が契約しているLINEモバイルについて、すでに一年以上使ってみた感想をご紹介したいと思います。
結論から言うと、ドコモから乗り換えて正解でした。

>>>ラインモバイルの申し込みはこちらから<<<
※上のリンクから申し込むことで、事務登録手数料(初期費用3,000円)が無料になります。

    目次

  • 格安SIMユーザーのスマホ事情
  • 一年使ってみた感想
  • ラインモバイルのすごいところ1:各種SNSが使い放題
  • ラインモバイルのすごいところ2:さらに安くできる
  • 通信料を抑えたい人は絶対にお勧め

格安SIMユーザーのスマホ事情

始めに私のスマホ事情についてご説明いたします。
スマホの使い方が私と違いすぎる人が私の感想を見ても、ピンとこない部分も多いと思います。

  • 家はWi-Fi完備
  • 家でしかユーチューブ見ない
  • ゲームやらない
  • ネット閲覧はいつでもどこでも
  • 前はドコモの月8,000円のプラン

正直、そこまでヘビーユーザーではありません。
ほとんどネットサーフィンと連絡、電子書籍(Kindle)のために持っているようなものです。

よって、私とスマホの使い方が似ている人には、ラインモバイルを強く勧めます。

一年使ってみた感想

正直、回線速度がめちゃくちゃ遅くなるかとビビっていました。
月額料金が4分の1まで下がるのですから、体感2分の1くらいの速度になっても文句は言えないと思っていました。

しかし、意外や意外、普通にネットの記事を見るくらいなら、ドコモと通信速度の差はわかりません。
試しに屋外でYoutubeを見てみると、普通に見れます。

また、通信エリアですが、東京はさることながら、コンビニが5キロ先にあるような田舎の実家でも普通に繋がります。
今のところラインモバイルだから繋がらなかった、というのはありません。※私が繋がらないときは、ほかの人も繋がりませんでした。

余談ですが、ラインモバイルの私が繋がって、純正SOFTBANKの人が繋がらなかった時は笑いました。
回線が異なるので、仕方ないっちゃ仕方ないです。

しかし、昼休み時や満員電車内など、周りに人が多くいるときでは繋がりにくくなります。
まぁ、これはドコモの時も一緒だったので気にしていません。

私はそういう時はダウンロードしておいた電子書籍を見たりしてやり過ごします。
遅くなったといってもLINE等の連絡は普通に出来るので、まったく問題ありません。

よって、軽い結論ですが、屋外でガンガンアクションゲームをやる人はダメかもしれません。
逆に言えば、ゲームさえやらなければ、ドコモもラインモバイルも一緒です。

ラインモバイルのすごいところ1:各種SNSが使い放題

ラインモバイルのすごいところといえば、月額料金が安いところなんですが、そんなことは他の格安SIMでも言えることです。

ラインモバイルのすごいところといえば、やはり「コミュニケーションフリープラン」でしょう。
これは主要SNSであるTwitter、Instagram、FacebookそしてLineの通信料が「ノーカン」になる、というプランです。

communication Free Plan

例えばコミュニケーションフリープラン3GBを契約し、Twitterの通信容量だけで3GB消費したとしましょう。
普通のキャリアであれば、そこで速度制限がかかってしまうのですが、コミュニケーションフリープランの場合、「ノーカン」ですので、実質消費は0GBです。

つまり、上記のサービスのみを使っている場合は、速度制限にかからないのです。
速度制限にかかるためには、上記以外のサービス、例えばYoutubeやネット閲覧などで3GB分の通信量を使うしかありません。

これは本当に素晴らしい。Twitterをダラダラ見るだけでも月1GBくらい消費していたりするので、神サービスだと思っています。
なので、ラインモバイルとの契約プランを考えるときは、自分が普段使っている通信容量から、上記サービス分の通信容量を引いて考えることをお勧めします。

ラインモバイルのすごいところ2:さらに安くできる

ラインモバイルのすごいところその2です。
これは上記のすごいところ1とも関連します。

それは、月の契約プランをラインの画面からすぐに切り替えられることです。
契約プランを変更すると、次の月から変更したプランに切り替わります。

例えば、普段3GBしか使わないのに、コミュニケーションフリープラン5GBを契約したとします。
3GBしか使わないので、次月は余った分の2GBと新規の5GB分が乗った7GBが使えることになります。

これでは余りっぱなしで、いつか繰り越し分が消えてしまってもったいないです。
そんな時は、ラインの画面からコミュニケーションフリープラン3GBに切り替えます。

店に連絡したり、手続きの必要はなく、ラインの管理画面からポチポチやるだけです。
もちろん、プランを変更したら変更したプラン料金になります。

communication Free Plan

プランを変更して繰り越し分を消費できるだけでなく、料金も安くできてしまう・・・。
ほかの格安SIMでもできるのかもしれませんが、ラインの画面から、しかも簡単に出来てしまうのは衝撃でした。

通信料を抑えたい人は絶対にお勧め

結論ですが、私とスマホの使い方が似ており、通信料を安くしたいという方は、ラインモバイルへの切り替えを早くしたほうがいいと思います。

私が切り替えた時はドコモの2年縛り途中で、端末代も1年分残っている状態でした。
ですが、月8,000円をあと1年続けるくらいなら、違約金を払ってでも解約したほうが良いと考えました。

ドコモの月8,000円プランとラインモバイルのコミュニケーションフリープラン5GB(月2200円)をそれぞれ1年払った時の差額は、96,000円-26,400円で69,600円も違います。
これなら違約金1万円を払った方が断然安いのです。

ちなみに、購入した端末は「HUAWEI P10 lite」で3万円しなかったので、違約金と端末代払ってもおつりがくるレベルということになります。
どれだけ高い通信料を払っていたのか・・・。

今はASUSのZenfone 5Zを使ってます。
SIMカードを自分で新しい端末に取り替えて簡単に機種変出来るのも、SIMフリー端末を使うメリットです。

申し込みに必要なものは本人確認書類、クレカ、メアド、MNPコード(他社からの乗換時のみ)だけ。
私は支払いに楽天カードマンを使っています。

communication Free Plan

本人確認書類はこちらからご確認いただけます。
運転免許証やパスポート、健康保険証をカメラで撮って送るだけです。

毎月の通信料はゴッソリ減らしたい方は、ぜひラインモバイルをご契約ください。

>>>ラインモバイルの申し込みはこちらから<<<
※上のリンクから申し込むことで、事務登録手数料(初期費用3,000円)が無料になります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*