【コインケース】本革・コンパクトなのにカードも札も入っちゃう有能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

あなたはお財布何を使ってますか!?
私は以前まで長財布を使っていたのですが、いちいちバッグから取り出したり、財布だけで出歩きたいときにかさばるので、そろそろ変えようかと思っていました。

そこでコインケースを買おうと思ったら、楽天でいいやつを見つけました。
本革なのに、4000円で買える超リーズナブルなお財布です。

ちょうどいいところに見つけたので、速攻でポチりました。
今日はその財布についてご紹介したいと思います。

    目次

  • しっかりとした本革コインケース
  • コンパクトスリムは一長一短
  • キャッシュレスで小銭が邪魔な人に最適

しっかりとした本革コインケース

届いた梱包を開けるとコンパクトな箱に入ってきました。

coincase

私はボルドーを選びました。

coincase

このコインケースは色によって使用されるレザーが変わります

キャメル、ボルドーは「イタリアンレザー」、ネイビーは「カーボンレザー」となっています。
しかし、ブラックだけはレザーを選べるようです。

coincase

手触りはすべすべのレザーで、商品画像より彩度が高めで光沢感がありました。
表には、定期や取り出し頻度の高いカードを入れておけるポケットがあります。

ファスナーを開けるとこんな感じ。
ファスナーは大きめに作られており、開封が楽です。

coincase

中のポケットは奥に大きなポケット、そして裏側に小さなポケットがあります。※画像では見えません。
あとは手前に見える小さなポケットとメインのコインポケットです。

大きさを見てみると、一般の定期入れよりかは一回り二回りくらい大きいのではないでしょうか。

coincase

厚みは1円玉の直系(2cm)と同等くらいです。
決して薄いとは言えない大きさです。

coincase

コンパクトスリムは一長一短

長所

便利な点と言えば、当り前ですが、長財布よりかは持ち運びしやすくなりました。
長財布より小さいので、ジャケットやコートの内ポケットに入れても着ぶくれしません。

あとは何といっても本革という点ですね。本革信者の私にはこれだけで及第点です。
値段の割に厚みのある革を使っているので、かなり丈夫だと思います。

メインのコインポケットは手前のベロを引くと大きく見開くことが出来ます。
最初からガバっとあかないので、開けた拍子に硬貨が飛び散るということはないでしょう。

また、コインポケットの奥にあるポケットには基本的になんでも入れられるので、硬貨しか入らないコインケースよりは収納スペースが多いです。

私は免許証、保険証、キャッシュカードそれぞれ一枚ずつとクオカードを4枚ほど入れています。
それに加えてお札を何枚か入れているので、もはや普通のラウンドファスナーの財布になっています。

短所

前述の通り、厚みが結構ありますので、ケツポケにはあまり向いていません。

また、財布の外側についているポケットは結構キツキツに作られているので、取り出しに難儀します。
私は楽天カードを入れています。楽天Edyを使用するときは取り出す必要がないので便利です。

札を10枚以上入れるとファスナーが札を噛んで、開けづらくなります。
5枚程度ならすんなり開くので、千円札5枚、一万円札1枚という構成を取っています。

元々がコインケースなので、カードの収納力は高くありません。
私はカードをあまり持たない人間なので困ってはいませんが、カードをたくさん持ち歩く人には不便かもしれません。

キャッシュレスで小銭が邪魔な人に最適

長所と短所を同じ数だけ語ってしまいましたが、私にとって短所はほとんどありません。

というのも、私はほとんどキャッシュレスに移行し、現金をあまり使いません。
よって、札はあまり入らなくていいし、正直財布もいらないのです。

しかし、いまだに現金しか受け付けない店があったりするので、そのときの緊急用として現金を入れております。
または、免許証、保険証の収納場所として買いました。

近年PayPayなどのQR決済も主流になりつつあるので、財布はどんどんコンパクトにしておくのが妥当です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*