【インフル・風邪予防】鼻の穴洗浄で世界は変わるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

あなたはインフル、風邪予防してますか!?
私はインフルではないものの、風邪を引いてしまいました。※治りかけの現在進行系

どうやら鼻腔が乾燥していたことが原因で風邪を引いてしまったようです。
マスクしていたんですがねぇ・・・。

そこで今回は前から気になっていた鼻うがい用洗浄液、ハナノアを試してみました。
マスクも手ピカジェルも真面目にやってたのに風邪を引いてしまったので、もはや最終兵器ですね。


ハナノアシャワー 痛くない鼻うがい 使い方簡単タイプ (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)

    目次

  • 鼻うがい用洗浄液、ハナノアとは
  • コスパは悪い?
  • 鼻の穴の乾燥が解消され、洗浄されている感は味わえる
  • 鼻の穴の乾燥解消にぜひ

鼻うがい用洗浄液、ハナノアとは

ハナノアは以前笑ってはいけない広告で有名になったコレです。
なかなかシュールな広告ですね。

「笑ってはいけない鼻うがい広告」モデル・白木あゆみさんは「とくに抵抗なかった」

鼻うがいというだけあって、やることは非常にシンプルです。
洗浄液を鼻の穴から吸い込んで、口から吐き出します。

プールで鼻呼吸をしたことがある人は戦慄する内容ですが、流し込む洗浄液は生理食塩水に近いので、痛みは感じません。
このハナノア洗浄液、花粉症にも効くらしいので、花粉症の方も必見です。

コスパは悪い?

Amazonから届いた箱を見てびっくり。

パッケージが思ったよりも大きい。
想定の3倍くらい大きい。

鼻の穴洗浄するだけなのにこんなにデカイのか!?と思いました。
しかし、中身を取り出すと洗浄液ボトルが大きいだけで、洗浄用ボトルは思った通りのサイズでした。

洗浄用ボトルの噴射口はもののけ姫に出てくるあいつの顔のような穴が3つほど空いてました。
ここから洗浄液が噴射されるわけですね。

洗浄用ボトルのキャップを外すと、補給口は大きめに作られていました。
これで保存用ボトルから確実に給水できます。


私、だいたいこういうのこぼすんですよね

ボトルは300ml、1度の洗浄で50mlなので、6回使えます。
お値段はAmazonで買って841円でした。

1回140円程度という計算になります。
結構割高ですね。

病院で吸わされる謎の霧よりかはコスパいいんでしょうか。
今ってあれあるんですか?※ネブライザーと言うらしいです。

鼻の穴の乾燥が解消され、洗浄されている感は味わえる

鼻の穴に意図的に水を流し込むという、未だない経験のため、少し躊躇しました。
使用したときの私は、少々の鼻詰まりと喉の乾燥という状態でした。

洗浄液を流し込むと、プールの水を吸い込んだ時のような痛みは確かにない・・・。
そしてほのかにミントの香りがします。

広告のように逆サイドの鼻の穴から盛大に流れてくるかと思ったらそうでもなく。
私のやり方が下手くそなのか、同じ穴からずっと洗浄液が漏れてきました。

時たま口からも洗浄液が流れ出てくるんですが、生理用食塩水の味がします。
ミントの香りで塩味という違和感を覚えながら、淡々とやっていました。

たまにいいショットを打つと、鼻の穴をグワッと洗浄したような感覚が襲います。
しかし、それと同時に喉のせき込むエリアに当たって、盛大に洗浄液を吹き出しました。

50mlで10回以上プッシュできたので、一度の洗浄に50mlは多すぎるかもしれません。
もしくは、私がビビりすぎて強くプッシュできなかったことが原因かもしれません。

両サイドの穴一回ずつプッシュするだけでも、だいぶ効果があると思います。

鼻の穴の乾燥解消にぜひ

1回140円と値段が割高なので、毎日使えるような代物ではないと重います。
私は鼻腔が乾燥しているときに、最終兵器として使いたいと思います。

一応、小林製薬的には1日3回ほどやればいいようです。
流石にそんなお金持ち、なかなかいないでしょう。

鼻づまりにはあまり効果はないかもしれませんが、鼻腔の乾燥には効果絶大だと思います。
うがいではどうしようもなかった鼻腔の乾燥エリアに、バシっと洗浄液が流れた時は感動しました。

鼻腔が乾燥しまくりで夜寝るとき不安な人は、寝る前にこれを両サイドの穴1回ずつ打って寝れば安心できます。
まだ風邪の危険性が高いシーズンですので、お試しください。


ハナノアシャワー 痛くない鼻うがい 使い方簡単タイプ (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*