【食レポ】セブンの豚ラーメンが焼うどんだった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

今回は、最近発売された「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」の食レポをしたいと思います。
私は二郎ラーメンを食べたことはないのですが、家系は結構食べているため、興味津々でした。

    目次

  • 値段、カロリー、においとか
  • 豚ラーメンというより焼うどん!?
  • 豚ラーメン(焼うどん)のお味は?
  • HIKAKINも勧めるコスパ高めのコンビニ飯

値段、カロリー、においとか

まずお値段ですが、税込み550円です。

コンビニ飯にしてはちょい高くらいですかね。
まぁ最近のコンビニの物価は結構高いんで、普通かもしれません。

温め時間は1500Wで2分20秒と結構長め。
レジの前で結構待たされました。

持ち帰りの時点で気づいたのですが、にんにくの匂いが結構きついです。
同居人がいらっしゃる方は、一言断りを入れておいたほうが無難かもしれません。

総カロリーは706kcal!
まぁまぁなカロリーですね。

butaramen

豚ラーメンというより焼うどん!?

二郎と言えば、器からそびえ立つ盛り方が印象的ですが、商品ではコンパクトに収まっていました。
具はチャーシュー、ネギ、メンマ、にんにくというスタンダードな面構え。

butaramen

麺をほじくり返してみるとこんな感じでした。

butaramen

豚ラーメン(焼うどん)のお味は?

麺は食感がうどんです。
色と味を加味すると、焼うどんという感じです。

少なくとも、普段食べているラーメンの麺とは遠く離れた感覚です。
まぁでもこれはこれでうまいのでセーフ。

一つ注意点があるとすれば、麺をすすると大量の油をまとった汁がものすごい飛び散ります・・・。

ワイシャツ着て仕事する方は注意です。
水では拭き取れないので、食器用洗剤が必要です。

というかこれを昼飯に食べること自体間違っています。
口がもの凄くにんにく臭くなります。

ほかの具材ですが、もやしはシャキシャキしていておいしかったです。
チャーシューは柔らかめで、脂身にほど近い食感でした。

スープは端に寄せてあったにんにくを混ぜてからすすってみました。

味の強さというより油の強さが目立ちました。
唇に油がねっとり付く感じです。

おそらく油が浮いているので、最初は油感が強かったのでしょう。
スープを飲み干す後半戦は、二郎らしい?味の強いスープになっていました。

後味はペペロンチーノの風味に醤油がプラスされたみたいな感じでしたね。
あれもにんにく使ってるから似たようなもんですね。

HIKAKINも勧めるコスパ高めのコンビニ飯

いろいろ書きましたが、家系を好んで食べるような私なので、総評としては「めちゃうま」です。
頻繁には食べないかもしれませんが、ちょっと不摂生をしたくなったら買うかもしれません。

量に関しては、麺が200gくらい入っているので、食べきれない方が出てくるかもしれません。
私はつけ麺1キロを食べたことあるので、余裕でした。

逆に量が物足りない人は、家系チックにご飯を入れてみるのもいいかもしれません。

家の近くに二郎ラーメンがない人やジャンキーなラーメンが突然食べたくなる人には結構はまるかもしれません。
店で食うことを考えれば、550円は結構安いですしね。

ところで、この豚ラーメン監修元のとみ田さんは有名なつけ麺屋ですが、二郎ラーメンってやってたんでしたっけ?

知らない方はぜひ店舗へ行ってみることをお勧めします。
2時間くらい並ぶらしいです笑

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*