【NHK】ネット利用だけでも契約すべきなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

NHKがテレビ受信料引き下げを理由に、ネット利用者からも受信料を請求する意思を示してきました。
ソースは以下を参照ください。

NHK、受信料4.5%引き下げ ネット同時配信に道

そんな時に気になるのが、テレビを一切見ておらず、パソコンもしくはスマホだけを利用している人たちも契約しなければならないのか、という点でしょう。

    目次

  • ネット利用だけでも受信料を払うべきか
  • Q.あなたはなぜ、パソコン・スマホを持っていますか?
  • 契約しなくていい理由は放送法第64条に書いてある
  • テレビなど、もう誰も見ていない

ネット利用だけでも契約すべきか

答えは契約しなくて良い、です。

NHK見てないから当たり前、とかそういう話ではなく、明確な理由がちゃんとあります。
それは次の節の問いによって明らかになります。

以降であなたは契約すべき人間なのか、整理していきましょう。

Q.あなたはなぜ、パソコン・スマホを持っていますか?

支払うべきか否かを判断する基準はとても明快です。

あなたはなぜ、パソコン・スマホを持っているのでしょうか。

思いついた理由はたくさんありますよね?
私は両方持っていますが、パソコン・スマホそれぞれ使う理由が山ほどあります。

そもそも仕事でクラウドサービスの開発をしているので、インターネットは必要です。
NHKみたいな古臭いメディアとかどうでもいいんです。

理由が思いつきすぎて困る人には質問を変えましょう。

あなたはNHKを見るためにパソコン・スマホを持っていますか?

NOでしょうか?
おそらく大半の人がNOだと思います。

私は言わずもがなNOなのですが、仮にNHKがネット配信を始めても一切見ません。
なんだったらドメイン指定で有害サイトフィルターをかけてもいいレベルです。※実際有害なので・・・。

NOと明確に言える人は、もう契約する義務があるのか?なんて悩まなくてOK!

契約しなくていい理由は放送法第64条に書いてある

なぜ契約する義務がなくなるのか、それは放送法64条に書いてあるからです。

ちなみに、その放送法64上には、以下のようなことが記されています。

(受信契約及び受信料)
第六四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

引用元:法庫

注目いただきたいのは下線の部分です。
これは、NHKを受信する目的として設置した機器ではない設備に関しては、契約義務の限りではない、と言っています。

つまり、NHKを見る目的でパソコン・スマホを持ってなければ、契約する義務が無い、とNHK自身が言っているのです。

よって、仮にNHKの集金が来ても、パソコン・スマホはあるが、NHKを見るために持っているわけではないし、実際に見ていない。これからももちろん一切見ないと宣言すればよいのです。

テレビなど、もう誰も見ていない

ここまで色々書きましたが、NHKを見るためではない、なんて当たり前すぎて宣言するのも馬鹿らしい、というのが個人的意見です。

NHKはテレビという老害メディア筆頭の存在です。

もはやテレビは、情報発信としての役目はウェブニュースに取って代わられ、エンターテイメントとしての役目もYouTubeを筆頭とした各種サービスに取って代わられました。
今はただ、情報番組に無知なコメンテーターが並び、名前も知らないつまらない芸人が踊り狂い、まるで心に響かない歌をプロカラオケマンが轟かす虚しいメディアと化しました。

そんな奴らがいまさらネット上に現れて闊歩されても、場違い感しかありません。
その上、相場違いの割高サービスを強制契約してくるとか意味不明です。

私は独り暮らしを始めてから、家からテレビがなくなりました。

その間テレビを一切見ませんでしたが、情報に疎くなるどころか、たくさん本を読み、さまざまな場所から情報を得るようになりました。
そのため、テレビを見ていた頃より生の情報が増え、自分の頭で情報を処理する癖がつきました。

テレビはもはや、メディアとして不必要な存在です。

先にも述べましたが、テレビが今まで持ち合わせていた特長は、他のサービスに取って代わられました。
かろうじて残っている長所はドラマくらいでしょうか。

この記事を読んでいる方は、ぜひNHKと契約することはなく、快適なネットライフをお過ごしください。
NHKの集金人にお困りのあなたは、以下の記事もご覧ください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*