【Youtube】PremiumプランはYoutuber消滅の危機では?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

どうもこんにちは。吉田(@goodda_good)です。

Youtubeが月額サービスに乗り出しましたね。
ついに来たか、という感じです。

サービスの詳細はこちらに掲載されています。
月額1,100円で、広告表示なし、オフライン再生、なぜか今までなかったバッググラウンド再生などの特典があります。

しかも、ファミリープランでは同世帯家族6人まで一括にして月額1,780円!!!
どっかの国にある「日本放送協会」とかいう割高半強制契約サービスとは大違いですね。

しかし、このプラン、ある側面からみると、Youtuberの存在を揺るがすことになってしまうのではないか、と思っております。

    目次

  • Youtube Premiumは誰がうれしいのか
  • 広告を出している企業は・・・
  • 広告を無くすというビジネス

Youtube Premiumは誰がうれしいのか

一番うれしいのはユーザーでしょうね。

普段からめちゃくちゃYoutubeを見る人にとっては、広告に割いていた時間と手間を省けるわけです。
しかもファミリープランを契約すれば、家族みんなが適用されます。

よって、学生さんはうまくお父さんお母さんを懐柔してみましょう。
もしくはお家でヒーローになりたいお父さんにはうってつけではないでしょうか。

Youtube自体も超うれしいですよね。
今まで無料でやってきたことが、安定した収益となって転がり込んでくることになるわけですから。

以下のソースを参考にすると、Premium契約者が全利用者の1%と試算しても、(1.2億 x 0.1 x 0.77 x 1170= 108.1億)です。
Youtubeに月額108億の収益!!!

日本だけで、しかも1%で試算したので、実際はもっとエグい数字になってそうです。
YouTubeの日本の利用率は77%とGoogleが発表(2016年調査結果)

広告を出している企業は・・・

さっさと本題に入りましょうか。上述のことはどこでも言われていますしね。
私が気になっているのは、広告が表示されないことによって企業広告の効果がめっきり減るのではないか、という懸念。

広告が表示されないのであれば、企業は広告費を出す必要性を感じなくなり、Youtube側に支払っていた広告費が削減されるのではないでしょうか。
そうなると、企業を伝ってYoutubeがYoutuberに払っていた給料がだいぶ減るのではないか、と思いました。

そう、さっきの収益計算をするまでは・・・。

広告を無くすというビジネス

Youtubeはこの時を待っていたのかもしれません。

最初は無料で公開し、集客の門戸を広げる。そこそこ人が集まってきたら企業広告を募って若干の金もうけ&Youtuberというスター的存在を誕生させ、さらに集客する。
利用者がかなり多くなってきた段階で、企業広告を減らし、ユーザーの課金で儲けていく。

おそらく、1ユーザーがYoutubeを一か月利用した時のYoutube側のコストは、1,170円を大きく下回るのでしょうね。
Youtuberの給料も、ユーザーからの課金で賄っていけそうです。

もし、将来的にPremiumユーザーが増えまくったら、企業広告が完全に排除されるのではないでしょうか。

完全排除は言い過ぎでも、画面の上にひっそりと登場するオーバーレイ広告やYoutube画面右側に小さなバナーが表示されるくらいにはなるでしょう。
金を払いたい人だけが払う、素晴らしいサービスになりそうです。

タイトルでYoutuber消滅!?とか書きましたが、実際は逆かもしれませんね。
現在潤っている企業広告とユーザー課金でさらに力をつけ、HuluやNetflixなどの既存動画サービスを駆逐する勢いなのかもしれません。

Youtubeは普通の投稿者による動画、Youtuber動画、映画や音楽など、すべてをコンテンツにして儲け続けるでしょう。
これは当分Youtubeは安泰ですねぇ。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*