【レビュー】タリーズのバリスタエスプレッソはマジの「微糖」だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

こんにちは。吉田(@goodda_good)です。

レビューというか発見というか。
自販機で普段見慣れない缶コーヒーを見つけたので、購入したんですよ。

その缶コーヒー、今までにない微糖の波動を受けました。

    目次

  • 微糖という言葉がしっくり来る微糖
  • 数字で見るとどうなの?糖類量チェック
  • 超おススメの微糖缶コーヒー

微糖という言葉がしっくり来る微糖

買った缶コーヒーは「TULLY’S COFFEE BARISTA’S ESPRESSO 缶 180g」です。

買って飲んだ瞬間、感動しましたね。
マジな微糖なんですよ!

マジな微糖ってなんだよ、って思うかもしれませんが、缶コーヒーの甘さランクって、下のようになってますよね?
Max Coffee > 加糖(普通の缶コーヒー) > 低糖 > 微糖 > 無糖

こうやって見ると微糖の缶コーヒーってかなり甘くなさそうな印象ですが、往々にして微糖の缶コーヒーも甘い!
どの辺が「微」なん?って思うことありますよね?

ところが今回買った「TULLY’S COFFEE BARISTA’S ESPRESSO 缶 180g」はまさしく正真正銘の微糖!
口に入れた瞬間、わかるかわからないかレベルの甘さが広がりました!これは感動!

数字で見るとどうなの?糖類量チェック

飲んでみて甘くない!と思うだけでもなかなかすごいんですが、実は甘く感じないように作ってんじゃないの?という疑問も生まれました。

感覚は甘くないと感じても、実は角砂糖5個分入ってます、とかだったら少し悲しい。
というわけで、他製品の微糖と比べてみました。

以下のサイトランキングを見ると、「糖類1缶分」が3.0g前半の缶コーヒーが上位ランクのようですね。
一位だけ圧倒的に微糖なのが面白い。


引用元:微糖系の缶コーヒーはどんだけ「微糖」なのか? 糖類量でランキング化してみた

気になる「TULLY’S COFFEE BARISTA’S ESPRESSO 缶 180g」は!?
製品情報を見ると、糖類3.6gのようです!

つまり、引用のランキングに当てはめると、4位です!
一位がやたら優秀なのを除けば、確実にトップクラスの甘さ控えめ、微糖中の微糖です!

というか、微糖というカテゴリ内で、約8倍も差があることに違和感を覚えました・・・。

ちなみに、微糖のカテゴリになるためには、「コーヒー飲料等通常品(7.5g/100ml)に比べ糖類50%減」であればよいそうです。
基準自体が、「これ以下だったら微糖!」というザルさなんですね。

超おススメの微糖缶コーヒー

マジで感動しました。
本当に微糖な缶コーヒーって存在したんですね・・・。

今まで知らなかった世界を垣間見たような感動です。

自販機、お店で見かけたときは騙されたと思って飲んでみてください!
これ、自分の会社のフロアとかマンションの自販機にも置いてくれないかな・・・。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*