【就活】ルール廃止するなら在学中に就活する必要ないのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

どうもこんにちは。吉田(@goodda_good)です。

2021年卒から就活ルールの撤廃が決定しています。
就活ルールといっても、説明会とか面接のスケジュールの話で、そこまで大それた話ではありません。

大それた事ではないといいつつ、どれだけ学生を惑わせる気なのか、と思います。
今でさえ、卒論/修論に本腰入れて取り組む3月から就活説明会を開始するという迷惑っぷり。

面接が始まる6月とか、私の時はデータ取ったり国際学会行ったりしていました。
その時には運よく就活が終わっていたので、ラッキーでしたね。

ライブドアニュースの以下の記事では、学生の意見が分かれていました。
「現状の3月開始がいい」という人や「卒論と被るのは迷惑なので早くしてほしい」という意見、さらには「スケジュールなんて意味をなさないからどうでもいい」という至極真っ当な意見まで。
「就活ルール廃止」、学生はどう感じているか

3月開始とか言ってるのに、3月の時点でほぼ採用活動終わっている、ある意味ブラックな企業が多いですよね。
私の時もありました。

経団連はなぜ、こういった企業に罰則を与えないのでしょうか。
企業を律する気がないなら、就活ルールなど決めないほうが良いのではないでしょうか。

    目次

  • 就活年を設けてもいいのでは?
  • 通年にしてもしなくても問題は残る
  • たとえ新卒信仰を辞めても、日本の就活はまだまだダメ

就活年を設けてもいいのでは?

就活スケジュールを前に倒してみたり、後ろに倒してみたり、挙句廃止とか。
学生を実験台に使っているとしか思えませんね。

こんなことして誰が幸せになるのでしょうか。
少なくとも学生と企業、どちらも幸せになりません。

そもそも、雇用延長で定年が5年近く伸びている人がゴマンといる現代社会で、はたして大学後即働く必要はあるんだろうか、と最近思います。

社会に出るのが1年2年遅くなってもそんなに差はないと、社会人になってから思います。
担当する業務が変われば、おっさんも新卒みたいなもんですからね。

よって、就活時期を通年にするならば、就活年なるものを1年分作ってもよいのではないでしょうか。

そうすれば本来切り離されているべきである学業と就職活動が別々に出来ます。
就活年中は基本的に就職活動を行い、早く終わったら自由にしていいと思います。

もはや、学校または会社でやることのみが活きる社会ではありません。
やりたい事をやりたいようにやったことが肥やしになってその人の幅が広がるという社会です。

広がった幅で生きている人たちが、まさしくYoutuberですよね。

通年にしてもしなくても問題は残る

就職活動を通年にしても問題は残ります。

たとえば、通年採用が面倒になってしまった採用担当が、年の始めに来た学生だけで内定枠をほぼ埋めてしまう問題です。
だいたいこういうことは就活スケジュールを守らない企業がやりがちです。

まぁ、最初に学生取っちゃったほうが安心ですし、言い方は悪いですが、最後の方に残っている人はその時期になるまで残っている理由がある人たちが大半です。
であれば、比較的優秀な人の割合が高い早期に刈り取るというのは、戦略的にはまともです。

そう考えると、就活スケジュールを通年にするメリットは学生にはないのでは?
やはり、大学卒業したら即働くという考え方がすべての元凶のような気がします。

たとえ新卒信仰を辞めても、日本の就活はまだまだダメ

そもそも、日本の就職活動の問題はスケジュールを直せば解決する話でもありません。
面倒な選考手順、謎の就活マナー、手書きの履歴書などなど。

スケジュールの他に直すべきところがあるだろ!と正直思います。
スケジュールだって、どうせ全企業守るわけでもないし、罰則がないなら守らなくてもやっちゃいますよねー。

兎にも角にも、いま学生の人にはいろいろなことに手を付けて、人生の幅を広げてほしいです。
どうせ社会に出たら1つのことに尖らなきゃいけなくなるので。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
 

↓同じカテゴリの最新記事はこちらから

コメントを残す

*